<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

これまでチェルシーでプレーした5人のブラジル人選手

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これまでチェルシーでプレーした5人のブラジル人選手

 

 

スポンサーリンク

アレックス

The man who was renowned for his thunderous long rangers.

2000年代のチェルシーにおけるベストプレーヤーの1人であるアレックス。

強烈なキックを持つことで有名な彼はチェルシーにやってきたころ、何と続けてPSVへのローンとなってしまったのだ。

PSVで大きな活躍を見せたアレックスはチェルシーでもレギュラーを獲得し、攻守における重要プレーヤーとしてジョン・テリーとはまた違ったインパクトをチームに与えたのだ。

残念ながら怪我の影響でベンチが多くなり、その後PSGへと移籍してしまった。

しかし彼がチェルシーに残した記憶は今も忘れ去られることもないだろう。

 

オスカル

Oscar is still good enough to play in the Premier League

今や中国で大金を稼ぐことになったオスカル。

チェルシーへやってきたころは天才プレーヤーとしてブレイクし、攻撃における今後の中心選手になると言われていた。

柔らかなタッチとゴール前での落ち着いた決断、時折見せるブラジル人らしいテクニックは多くのsぱおーたーを魅了していた。

結果的にチェルシーでは2つのリーグタイトルを獲得することに成功し、欧州での成功をの物語を続けると誰もが思っていただろう。

ダビドルイス

Luiz won two Europa League titles while at Chelsea

 

チェルシーを代表するブラジル人であるダビドルイスは何とライバルであるアーセナルで現在はプレーをしている。

彼がこれまでにチェルシーで獲得してきたタイトルはFAカップ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、そしてリーグタイトルを主要なものすべてでありチームにおいても信頼され続けてきた1人だ。

センターバックらしくないキックの精度と攻撃性で常に豪華であったチェルシーの中盤を飛ばしたフィードを見せてきた。

反対に指摘され続けてきた守備の脆さは今も直ってはおらず、彼を象徴するような特徴となっている。

 

ラミレス

Who can forget the FA Cup opening goal against Liverpool

ラミレスはチェルシーで最も安定的に活躍してきたプレーヤーの1人だ。

彼のハードワークやチームのバランスを見た動きや常に相手チームの頭を悩ませていたのではないだろか。

明らかに過小評価されていた選手ではあるが、タイトルを取り続けてきたチェルシーサポーターからは確実に愛されていた選手だ。

5年以上在籍し、その間に246試合に出場し33ゴールを挙げる活躍を見せた。

 

ウィリアン

One of the greatest Brazilian to play in the league

彼もまた今はアーセナルでプレーする選手の1人となった。

ウィリアンはチェルシーでワールドクラスとして成長し、世界最高のアタッカーともいえる存在となった。

多くの面で彼の精度は向上しており、特にフリーキックやチャンスメイク力は加入したころと比べても格段に向上している。

チェルシーでチャンピオンズリーグのタイトルを獲得できなかったことが唯一の気がかりだろうが、本人はまだまだ欧州でのプレーに意欲を見せている。

それゆえのアーセナル移籍であろうが、今後数年も彼はタイトル奪取のために戦い続けるだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました