<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アトレティコマドリーがアーセナルのブカヨ・サカをサウール・ニゲスの代役として獲得か 他2つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アトレティコマドリーがアーセナルのブカヨ・サカをサウール・ニゲスの代役として獲得か 他2つ

スポンサーリンク

アトレティコマドリーがアーセナルのブカヨ・サカをサウール・ニゲスの代役として獲得を検討か(La Razon)

Atletico Madrid 'view Bukayo Saka as Saul Niguez replacement'

アーセナルで才能を発揮し、今ではトップチームで活躍するブカヨ・サカ。

プレミアリーグ第5節のトッテナム戦では得点も記録しておりこれからの成長が楽しみとされる将来有望な若手の1人だ。

それゆえに各国リーグのチームからの興味も多く、獲得を狙っているチームも決して少なくはない。

そんな中、今回はアトレティコマドリーが来夏の移籍市場でサカの獲得を狙っているとの噂が出てきている。

アトレティコマドリーは現在サウール・ニゲスチェルシーにローンで放出しており、仮にチェルシー側が完全移籍での獲得オプションを行使した場合、彼らは代役が必要となってくる。

その代役としてサカの獲得を検討しているのだ。

しかし、ミケル・アルテタ監督はサカを63億円以下の移籍金での売却は認めず、簡単に手放すことはしないようだ。

アーセナルの未来ともいえるサカの将来はイングランドか、それとも。

インテルがアーセナルのベルント・レノの獲得リストに追加(Fichajes)

Inter Milan add Arsenal's Bernd Leno to shortlist?

37歳を迎え、未だにインテルの守護神として君臨しているサミル・ハンダノヴィッチ。

神がかり的なセービングでこれまでチームを幾度となく救ってきたハンダノヴィッチだが、さすがに年齢による衰えも見え始め、本格的に後釜の確保が必要となっている。

そこで新たにリストアップされた候補がアーセナルのベルント・レノだ。

レノは昨シーズンまで主力として活躍していたが、今シーズンはアーセナルが新たに獲得したアーロン・ラムズデールが正守護神として定着し、このままレノの出番が減少していくとみられている。

29歳とゴールキーパーとしてはまだ若い部類に入るだけにレノは出場機会を求めているはずだ。

今後のラムズデールとのポジション争いにも注目が集まるが、ハンダノヴィッチの後釜としての決断を下すのかにも期待されるだろう。

アーセナルは1月の移籍市場でセビージャのユスフ・エンナスリの獲得を検討か(Mundo Deportivo)

Arsenal 'learn asking price for January target En Nesyri'

今シーズンのセビージャで6試合に出場し既に2ゴール2アシストを記録しているユスフ・エンナスリ。

エンナスリはこれまでセビージャに移籍して以来好調を保っており、現在のラリーガで最もホットなストライカーの1人となっている。

そんなエンナスリに対してアーセナルが獲得に興味を抱いているようだ。

一部では既にセビージャ側へコンタクトを取っているとも言われており、51億円の移籍金が必要となっている。

残り4年の契約も残っているためセビージャ側は焦って売却する必要がないだけにアーセナルは根気強い交渉が必要となるだろう。

果たしてスペインで才能を開花させているストライカーの獲得を成功させることはできるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました