<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナル、来シーズンからトップチームで起用される可能性のある5人のヤンスグター

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナル、来シーズンからトップチームで起用される可能性のある5人のヤンスグター

 

スポンサーリンク

コンスタンティノス・マブロパノス

Mavropanos has shown signs of improvement since going on loan to FC Nurnberg

2018年にアーセナルに加入した大型ディフェンダーであるコンスタンティノス・マブロパノス。

非常に評価されている若手の1人であり、ニュルンベルクへのローンはアーセナルを納得させるだけのものであった。

怪我の可能性や年齢が22歳ということもあり、来シーズンはマブロパノスからするとラストチャンスの可能性も十分にあり得る状況だ。

そんな中でミケル・アルテタはおそらく彼にチャンスを与えるはずであり、数少ない機会を掴みさえできれば彼のキャリアは劇的に素晴らしいものになるだろう。

 

ジョーディー・オセイ=トゥトゥ

Jordi Osei-Tutu

アーセナルのサポーターですら、彼の名前は聞いたことがない人は多かっただろう。

ジョーディー・オセイ=トゥトゥは若きイングランド人であり、今シーズンはドイツのボーフムへローンで加入していた。

セントラルでの役割を担う彼は結果的に5ゴール3アシストという記録を残しており、加入したころと比べると非常に大きく成長することができた。

アーセナルは移籍市場に大きな資金を投入することができないため、オセイ=トゥトゥのように若くしてしっかりと結果を残せる選手は必ずトップチームでチャンスを貰えるはずだ。

そこでどれだけのインパクトを残せるかは選手自身の問題だ。

 

エミール・スミス=ロウ

Emile Smith Rowe is well known at Arsenal and could take over from Mesut Ozil next season

エミール・スミス=ロウはかつてドイツへのローンで大きなインパクトを見せ、多くのアーセナルサポーターが期待していたヤングスターだ。

確かなテクニックと視野を持つスミス=ロウは今シーズンはハダースフィールドへローンで加入しており、12試合で1ゴール3アシストを記録している。

おそらくミケル・アルテタはスミス=ロウのことをメスト・エジルの長期的な代替と見ており、その才能を完全に開花させるべく来シーズンはチャンスを与えるだろう。

ハダースフィールドの関係者もスミス=ロウのポテンシャルを評価しており、もしかするとサポーターの中では今後の活躍を1番期待している選手かもしれない。

 

ゼク・メドリー

Medley could be the next top prospect to come out of the famed Hale End academy

195㎝のの巨躯を誇る若きセンターバック、ゼク・メドリー。

2016年にアーセナルのアカデミーに加入し、現在まで順調に成長している選手の1人だ。

センターバックはアーセナルが抱える課題のポジションであり、メドリーほどのサイズを持つ選手は現状アーセナルではマブロパノスくらいだ。

彼のキャリアを見るとそろそろトップチームでのチャンスは貰えるはずであり、彼自身これからのサッカーキャリアで成功するにはアーセナルのトップチームで結果を残すしかないと思っているだろう。

普段の練習風景では非常に評価されており、絶大なポテンシャルを持つと言われているメドリーはもしかするとアーセナルの守備を改善する鍵になるかもしれない。

来シーズンのアーセナルで注目したい選手の1人だ。

 

トレイ・コイル

Coyle is regarded as one of the brightest prospects at the Arsenal academy right now

かつて神童と呼ばれたトレイ・コイル。

U-17のチームにおいて世界中から注目される存在となったことがあり、アーセン・ヴェンゲルもその能力を高く評価していた。

天才的な閃きを持つコイルは攻撃的ミッドフィルダーとしての役割だけでなく、ストライカーとしても働くことができる。

両足も起用に使え、クレバーさも評価されているため、非常に現代的でミケル・アルテタが操る複雑な戦術にも対応することができるだろう。

世界は新たなスター候補を探しており、来シーズンは突如コイルがその階段を一気に登る可能性もある。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました