<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルがマルティン・ウーデゴールと5年契約で合意へ 他2つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルがマルティン・ウーデゴールと5年契約で合意へ 他2つ

スポンサーリンク

アーセナルがマルティン・ウーデゴールと5年契約で合意へ(Fabrizio Romano)

Martin Odegaard 'agrees five-year deal with Arsenal'

レアルマドリーに所属する神童、22歳のマルティン・ウーデゴールは昨シーズンローンでアーセナルに加入し、2ゴール2アシストを挙げるなどの活躍を見せた。

ミケル・アルテタ監督はウーデゴールを非常に高く評価しており、今夏の移籍市場で完全移籍という形で獲得を目指していたがついに決着がついたようだ。

ウーデゴール本人と5年契約を結ぶことで合意し、レアルマドリーへは約50億円の移籍金の支払いとなるようだ。

ウーデゴールは16歳の時にレアルマドリーへ加入したものの、トップチームでの出場は結局11試合に留まっていた。

新天地で本来のポテンシャルを発揮し世界屈指の選手の仲間入りとなるだろうか。

シェフィールドユナイテッドの監督がアーセナルがアーロン・ラムズデールへ興味を持っていることを認める

Sheffield United boss confirms Arsenal interest in Ramsdale

シェフィールドユナイテッドに所属するアーロン・ラムズデールはその評価を年々高めており、アーセナルが今夏での獲得を狙うと言われているほどの実力者となっている。

シェフィールドユナイテッドとしては守護神を決して手放したくないと考えているが、45億円前後のオファーが来たときのみ交渉を行うと言われている。

アーセナルはそんなラムズデールに対して金額の交渉を含め、話し合いを行う予定とメディアが伝えている。

そんな噂が出ている中、シェフィールドユナイテッドの監督を務めるスラヴィシャ・ヨカノビッチがアーセナルがラムズデールに興味を持っていることを公式に認めたのだ。

実際に放出とするのかどうかは定かではないが、アーセナルのオファー次第では動きが出てくるだろう。

アーセナルは今夏の移籍市場であと3名とのサインを目指している(The Mirror)

Arsenal 'willing to sanction three more signings'

今夏の移籍市場で既にベン・ホワイト、アルベール・サンビ・ロコンガ、ヌーノ・タヴァレスを獲得しているアーセナル。

戦力強化へ着々と補強を続けているアーセナルだが、今シーズンの初戦であるブレントフォード戦で敗北を喫しており更なる補強が必要と言われている。

そんな中、既に獲得が近いとされているマルティン・ウーデゴール、シェフィールドユナイテッドがアーセナルからの興味を認めた守護神アーロン・ラムズデール、そして残り1名の計3名を8月末までに獲得する予定と言われている。

彼らはピエール・エメリク・オーバメヤンアレクサンドル・ラカゼットを今夏で売却するとも言われており、彼らを絡めた取引も生まれるのではと予想されている。

積極補強を続け、かつての立ち位置を取り戻そうとしているアーセナル。

今シーズンは彼らにとって復活の年となるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました