<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルがレアルソシエダのアレクサンデル・イサクの獲得に興味か 他2つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルがレアルソシエダのアレクサンデル・イサクの獲得に興味か 他2つ

スポンサーリンク

アーセナルはレアルソシエダで成長著しいFWアレクサンデル・イサクの獲得を希望か(Fijaes)

Arsenal 'still keeping tabs on Alexander Isak'

昨シーズン、レアルソシエダで34試合に出場し17ゴールを記録しているFWアレクサンデル・イサク。

イサクは元々10代より注目されていた逸材であり、レアルソシエダ加入後はそのプレーに円熟味を増し、多くのクラブから狙われる存在となった。

そんな中、熱い視線を送っているのがイングランドのアーセナルであり、来夏の移籍市場において獲得を検討していると言われている。

しかし、イサクは新たに契約延長をしておりその期間は2026年までとなっているため獲得の難易度は非常に高くなっている。

リリース条項もあるものの、約116億円と簡単に手が出せない金額である。

アレクサンドル・ラカゼットの契約が今季までとなっており、ピエール・エメリク・オーバメヤンの調子がなかなか上がらないことを考えるとイサクは確保しておきたい逸材だが、彼らはどのような決断を下すのだろうか。

アーセナル、マンチェスターユナイテッドがレヴァークーゼンのフロリアン・ヴィルツに興味か(Todofichajes)

Premier League clubs interested in Florian Wirtz?

現在18歳ながらブンデスリーガの名門であるバイエル・レバークーゼンの中心選手となっているフロリアン・ヴィルツ。

あのカイ・ハヴェルツの記録を更新するブンデスリーガ史上3番目の若さでデビューしており、リーグ最年少ゴールも記録している逸材中の逸材だ。

昨シーズンは50試合に出場し11ゴール11アシストを記録したヴィルツには多くのクラブが注目しており、特にアーセナルとマンチェスターユナイテッドは獲得に本腰を入れるとみられている。

ヴィルツを取り巻く状況はここ12カ月で大きく動くとみられており、今シーズン見せる活躍の度合いによっても変化するだろう。

また、国内からはバイエルンドルトムントも注目しておりチームの将来を担うための選手として高く評価している。

しかし、レバークーゼン側はヴィルツを売却する予定はなく、契約も2026年まで残っているため交渉のテーブルの乗る可能性は極めて低くなるとみられている。

果たして、次世代の逸材はどこに向かうのだろうか。

ホッセム・アワールはアーセナルへの移籍の噂を否定へ(Amazon Prime)

Houssem Aouar plays down Arsenal transfer talk

今夏の移籍市場でアーセナルが獲得を希望していると言われていたリヨンのプレーメーカー、ホッセム・アワール

既にリーグアンのみではなく世界でも指折りのプレーメーカーとして成長し、多くのクラブから注目を引く存在となった。

しかし、アーセナルはレアルマドリーからマルティン・ウーデゴールを完全移籍で獲得しており、アワール側がアーセナル移籍に対してかなり消極的になっているようだ。

ホッセム・アワール ”リヨンに所属し、このスタジアムでチャンピオンズリーグを戦うことができたことは自分にとって嬉しく、もう一度戦いと思っている。目標はトロフィーを勝ち取ることだ。それが唯一、このクラブでできていないことだからね。リヨンでのプレーに集中し、チャンピオンズリーグを戦い、夢を叶えて見せるよ。”

コメント

タイトルとURLをコピーしました