<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルが新たにラカゼットの代役としてルカ・ヨビッチをリストアップへ 他2つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルが新たにラカゼットの代役としてルカ・ヨビッチをリストアップへ 他2つ

スポンサーリンク

アーセナルは新たにアレクサンドル・ラカゼットの代役としてルカ・ヨビッチをリストアップへ(Fichajes)

Arsenal line up Luka Jovic as Lacazette replacement?

アーセナルは今シーズンはじめからアレクサンドル・ラカゼットの代役となれる選手を探し続けている。

今のところメインターゲットと言われているのがエヴァートンドミニク・カルバート・ルーウィンだ。

しかし、プレミアリーグのライバルからの獲得は難しく彼らは別のターゲットも並行して探している。

そこでリストアップされたのはルカ・ヨビッチだ。

フランクフルト時代は強烈な得点力で一気に名を広めたが、その後移籍したレアルマドリーでは厳しい状況が続いてしまっている。

ヨビッチ自身はできるだけ早い移籍を望んでおり、冬の移籍市場で早速動きが出てくると言われている。

ラカゼットのフリーでの退団を阻止したいアーセナルは冬にもトレードでの交渉を行う可能性があり、要注目したいところだろう。

アーセナルはウィリアム・サリバを呼び戻すプランを持っていない(TF1)

Arsenal 'have no plans to recall William Saliba'

若手ディフェンダーの中でも注目された存在であり、10代でアーセナル移籍が決定したウィリアム・サリバ。

若いながらも実力を兼ね備えていることから期待されていたが、アーセナル加入後はローンでの生活が続いてしまっている。

しかし、現在ローンで加入しているマルセイユでは既に10試合出場しており、着実の経験を積んでいる。

アーセナルは守備に大きな課題を抱えたままシーズンを始めており、その影響もありサリバをシーズン途中で呼び戻すのではと言われていた。

だが、アーセナルにそのプランはなく、予定通り1年間はマルセイユで修行をさせるつもりのようだ。

2024年まで契約を残すサリバは、来シーズンの主力となると言われており、今シーズンはその成長ぶりを楽しみに見ていられるだろう。

アーセナルはサウサンプトンで輝くアタッカーの獲得を検討か(Daily Record)

Elyounoussi 'emerges as transfer target for Arsenal'

今シーズン、サウサンプトンの27歳のアタッカー、モハメド・エルユヌシは早速7試合に出場して4ゴール2アシストを記録しており。在籍4年目となるクラブでその才能を遺憾なく発揮している。

2023年まで契約を残すエルユヌシだが、これから全盛期を迎える年齢ということもあり、多くのクラブが獲得を狙う存在となっている。

そんな中、最も熱い視線を送っているのがアーセナルとレスターシティと言われており、来夏の移籍市場では激しい争奪戦になるとみられている。

アタッカーの補強を急いでいるアーセナルが本腰を入れる可能性が高いが、今後の動きについては要注目となるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました