<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルが獲得したベン・ホワイト、イングランド人ディフェンダー史上何番目の移籍金なのか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルが獲得したベン・ホワイト、イングランド人ディフェンダー史上何番目の移籍金なのか

アーセナルが新たに獲得したセンターバック、ベン・ホワイト。

若いながらに高い評価を得ているイングランド人ディフェンダーだが、75億円とも言われる移籍金が高すぎるのではないかとの声も少なくない。

そこで今回はホワイトの移籍金はイングランドのディフェンダー史上何番目に高いのかを調べてみた。

スポンサーリンク

1.ハリー・マグワイア 120億円

ハリー・マグワイアはイングランド人のみならず世界で最も高価なセンターバックとなった。

マンチェスターユナイテッドは2019年にマグワイアを120億円もの移籍金でレスターシティから獲得している。

今ではそのクオリティを発揮するとともにキャプテンとしても活躍している。

2.カイル・ウォーカー 80億円

サイドバックとしては異例となる80億円の移籍金でトッテナムからマンチェスターシティに移籍したカイル・ウォーカー。

その身体能力の高さが特徴だが、マンチェスターシティでは数々のタイトルを獲得。

結局ウォーカーはその移籍金の高さに見合うだけの価値を自ら証明して見せた。

3.ベン・チルウェル 75億円

 

またもやレスターシティから移籍した選手がランクインした。

チェルシーへと移籍したベン・チルウェルは75億円の移籍金で加入し、その後怪我の影響もあったものの一定の価値を示している。

まだ年齢も若いため今後の活躍に更なる期待が集まるだろう。

4.アーロン・ワン=ビサカ 75億円

またもやサイドバックとしては異例となる75億円という金額で移籍を果たしたのがアーロン・ワン=ビサカだ。

クリスタルパレスで圧倒的な守備力を見せていたワン=ビサカだが、マンチェスターユナイテッドが獲得した際はあまりに高額すぎるとの声もあった。

しかし、実際蓋を開けてみると赤い悪魔の右サイドはみるみるうちに大きな壁と化した。

攻撃にまだ課題が残ると言われているもののプレミアリーグの名だたるアタッカーたちを止めてきたワン=ビサカはこの金額を出してでも獲得すべき逸材だったということだろう。

5.ベン・ホワイト 75億円

そして、次にランクインするのが今回の目玉補強の1人であるベン・ホワイトだ。

これまでのランキングでは軒並み活躍を果たしている選手たちであり、移籍金で言えばアーロン・ワン=ビサカと同等の活躍を見せれば周りの期待に十分応えることができるだろう。

アーセナルとしては非常に楽しみであり、ミケル・アルテタが今後彼を用いてどのようなチーム作りを行うのかに注目が集まる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました