<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルとチェルシーはPSGからマウロ・イカルディの獲得を狙うか 他2つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルとチェルシーはPSGからマウロ・イカルディの獲得を狙うか 他2つ

スポンサーリンク

アーセナルとチェルシーはパリサンジェルマンからマウロ・イカルディの獲得を狙うか(PA)

Chelsea, Arsenal 'eyeing January deal for Mauro Icardi'

パリ・サンジェルマンに所属するマウロ・イカルディはここまで15試合に出場しているが思うような結果が出せず、ベンチを温める機会が多くなってしまっている。

そんなイカルディには既に退団の噂が出てしまっており、多くのクラブが獲得に興味を示している。

中でもアーセナルとチェルシーは早くもイカルディ獲得へ本腰を入れるとみられており、夏にも正式オファーを出すとみられている。

アーセナルはアレクサンドル・ラカゼットの退団が濃厚であり、ピエール・エメリク・オーバメヤンも不調となっているため新たな信頼できるストライカーの獲得が急務となっている。

2024年まで契約を残すイカルディだが、復活を狙うアーセナルへの加入は実現するのだろうか。

アーセナルのフォラリン・バログンはローンでの修行が濃厚か(The Athletics)

Folarin Balogun set for Arsenal loan exit?

アーセナルのフォラリン・バログンアレクサンドル・ラカゼット、ピエール・エメリク・オーバメヤン、エディー・エンケティアらが控える中で新たな契約を結んでおり、チームの未来として大きな期待をされている。

しかし、出場機会は未だにコンスタントに得ることはできておらず、チーム内で苦戦してしまっている状況だ。

そんな中、バログンがローンでチームを一時的に出て行くことが噂されている。

バログン自身はローンでの修行に前向きでありどこであろうとできることはやり切るつもりのようだ。

だが、アーセナルとしては冬にラカゼットとエンケティアを失う可能性があり、オーバメヤンがアフリカカップへ出場するためストライカーが単純に足りなくなる事態を警戒している。

お互いの考えもある中、バログンの将来はどのように決定するのだろうか。

アーセナルとトッテナムはユベントスのデヤン・クルゼフスキをローンで獲得することを検討か(Calciomercato)

Arsenal, Tottenham 'open talks over Kulusevski loan'

ユベントスの期待の若手、デヤン・クルゼフスキはここまで18試合に出場しそれなりの機会は得ているものの、1ゴール2アシストと結果はあまり良いものではない。

ユベントス側もクルゼフスキを既に余剰戦力として見ているとも言われており、彼を狙うチームが続出している状態となっている。

そんな中アーセナルとトッテナムはクルゼフスキの才能に注目しているクラブであり、冬にもローンで獲得を目指す準備を現在行っている。

冬に獲得し、夏には完全移籍で獲得できるオプションをつける算段であり、価格は44億円ほどと言われている。

ユベントス側を満足させるにはこの金額にできるだけ近づけたオファーが必要となってくる。

ロンドンに本拠地を構える2チームはこの状況に対してどのようなオファーを出すのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました