<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルとトッテナムによるホッセム・アワール争奪戦は最終日に決定か 他1つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルとトッテナムによるホッセム・アワール争奪戦は最終日に決定か 他1つ

スポンサーリンク

アーセナルとトッテナムによるホッセム・アワール争奪戦は移籍市場最終日までもつれ込むか(Fabrizio Romano)

Arsenal, Spurs Aouar battle 'could go to deadline day'

リーグアンで屈指の実力者として名を馳せるようにリヨンホッセム・アワールは今夏の移籍市場における注目選手の1人とされており、移籍を行うのか否かを多くの人が気にしているはずだ。

とりわけ、アワールの獲得に熱心になっているのはアーセナルとトッテナムとされており、具体的なオファーまで準備しているとされている。

しかし、この2クラブによる争奪戦はすぐに決着がつく様子はなく、移籍市場最終日にまでもつれ込む可能性が高くなっているようだ。

アーセナルはフィリッペ・コウチーニョの獲得に興味を持っておらずか(The Mirror)

Arsenal 'not interested in signing Philippe Coutinho'

 

リオネル・メッシが去った後のバルセロナ

彼の後継者ともなれたはずのポテンシャルを持ちながら怪我やムラがあるせいで主力として定着できなかったフィリッペ・コウチーニョ。

コウチーニョ自身もバルセロナで試合の出場できるかどうか不透明であり移籍を希望しているとも伝えられているが、移籍金と給与の高さで獲得を希望するクラブが今のところ浮上していない。

そんな中、アーセナルが獲得を検討しているとニュースが出てきたことによりようやく引き取り手が現れたかと思われた。

しかし、実際にはアーセナルはコウチーニョ獲得に一切興味を持ってない。

彼らは既にマルティン・ウーデゴールを獲得しておりこれ以上10番タイプは必要ないのだ。

リバプールを離れて以降不調が続くコウチーニョだが、今後のキャリアはどうなるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました