<前編/2022年最新>2021シーズンのチャンピオンズリーグ出場チームの特徴は?
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルのミケル・アルテタ監督は今夏に12名の放出を予定か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルのミケル・アルテタ監督は今夏に12名の放出を予定か

 

アーセナルはこの夏に大改革を行う予定だ。

ドルトムントより獲得し、得点王にも輝いた経験を持つピエール・エメリク・オーバメヤンは既にバルセロナの選手となっており、頼みの綱であるアレクサンドル・ラカゼットも夏に退団を予定している。

状況が悪いのはセンターフォワードだけではない。

グラニト・ジャカ以外でゲームを作れる選手はおらず、中盤の強度はプレミアリーグでトップクラスに入れるほど強くはないのだ。

そこで彼らは大金を叩いてまさに革命を起こすべく選手を大量補強すると多くのメディアが報じている。

しかし、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得も危うくなっている今、使える資金はかなり限られてしまっており、資金を増やすべく夏の移籍市場で12名もの選手の放出を検討しているのだ。

その12名とはベルント・レノやモハメド・エルネニー、ウィリアムサリバなど元主力からレンタル続きの選手まで幅広くリストアップされている。

エミール・スミス=ロウやブカヨ・サカなどアカデミー上がりで主力となった選手やマルティン・ウーデゴール、アーロン・ラムズデールら若手の獲得など平均年齢は非常に若い。

彼らが移籍市場から既に完成された選手を高値で獲得するのか、それとも将来的な価値を踏まえてスター候補にオファーを出すのかは今後のアーセナルの未来を占う意味でも非常に楽しみなことだろう。

アーセナル
スポンサーリンク
シェアする
keny9footballをフォローする
スポンサーリンク
プレミアリーグの移籍やら噂やら

コメント

タイトルとURLをコピーしました