<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ アクラフ・ハキミ獲得へ動くか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ アクラフ・ハキミ獲得へ動くか

スポンサーリンク

アーセナルはインテルのアクラフ・ハキミ獲得に動くか(The Telegraph)

Arsenal to move for Achraf Hakimi?

インテルは現在オーナー問題などを抱えており、このままではチームの運営すら難しくなると言われているほど財政危機に陥っている。

彼らは選手の売却を今夏の移籍市場で余儀なくされるとみられており、その中でも若くポテンシャルにも溢れるアクラフ・ハキミには多くのトップクラブが注目をしている。

中でもアーセナルはエクトル・ベジェリンの去就が不透明であり、その後釜を探しているため獲得へ本腰を入れるとみられている。

しかし、ハキミ獲得へは£45mの移籍金と週給£7.5万が必要になるだろう。

アーセナルは多額の投資を行ってでもハキミ獲得へ向かうのか、注目の取引となるだろう。

アーセナルはフリーとなるマルセイユのジョルダン・アマヴィ獲得を狙う(Le 10 Sport)

Arsenal eye free transfer for Jordan Amavi?

アーセナルの左サイドバックはキーラン・ティアニーが務めているがその他のセアド・コラシナツはシャルケへレンタル移籍、エインズリー・メイトランド=ナイルズはウェストブロムウィッチへ移籍するなど競争相手がいない状況となっている。

いい関係を築きながらポジションの強化をすべく新たな人材の確保を考えており、マルセイユに所属するジョルダン・アマヴィをターゲットにしたようだ。

アストンヴィラにも所属していたことのある実力派の選手であるが、マルセイユとの契約は残り3カ月となっておりフリーでの移籍が可能である。

アマヴィに対してはミランも獲得に関心を示しており、今夏にも争奪戦が勃発するとみられている。

馴染みのあるイングランドへ行くのか、それともイタリアで挑戦をすることになるのか。

アーセナルは今夏に新たなストライカーの獲得へ向かう(The Mirror)

Arsenal to target new striker this summer?

アーセナルの絶対的なエースであるピエール・エメリク・オーバメヤンは先日クラブとの新たな契約を結んでいる。

しかし、クラブは新たなストライカーを据える必要があると感じているようだ。

フォラリン・バログンはポテンシャルがあるものの退団が濃厚となっており、エディー・エンケティアアレクサンドル・ラカゼットの去就もそれぞれアトレティコマドリーモナコが興味を示すなどで怪しくなっている。

そこで彼らは長く興味を寄せていたセルティックオドソンヌ・エドゥアール獲得へ本腰を入れる可能性があるようだ。

金額やその他条件で厳しい場合はドイツで復活を見せているアンドレ・シウバの獲得に向かうとされている。

シウバに対してはマンチェスターユナイテッドも興味を示すなどライバル同士での争奪戦になる可能性もあるが、アーセナルは夏に誰を新たなストライカーとして据えることになるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました