<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ アワール獲得を金銭とトレードで実現させる狙いか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ アワール獲得を金銭とトレードで実現させる狙いか

 

スポンサーリンク

アーセナルはホッセム・アワールを金銭と選手のトレードで実現させる狙いか(FootMercato)

 

リヨンに所属するホッセム・アワールは昨シーズンもリーグ戦で印象的なプレーをみせており、さらにはベスト4まで駒を進めたチャンピオンズリーグにおいても重要な役割を果たしていた。

この天才アタッカーに対してはマンチェスターシティユベントスが獲得を狙っていると言われており今夏の移籍市場で何らかの動きがあるとみられている。

アーセナルもアワール獲得を狙うクラブの1つであり、金銭と選手のトレードによる交渉で獲得を行うことが目的のようだ。

リヨン側は£53mの移籍金を要求しており、金額次第では今夏での売却も視野に入れている。

果たして次代のスターになるだろうアワールを仕留めるのはどのクラブになるのだろうか。

 

アーセナルはエミリアーノ・マルティネスの売却にオープンな姿勢(The Athletics)

Arsenal 'open to Emiliano Martinez sale'

 

昨シーズン、アーセナルの守護神であるベルント・レノが終盤に怪我を負ってしまいクラブ内で不安な空気が漂っていたが、それを一蹴しさらにはFAカップ優勝のキープレーヤーにもなったエミリアーノ・マルティネス。

レノに劣らぬ活躍で契約延長も視野に入れていると言われていたが、アーセナル側はマルティネスの売却に対してオープンな姿勢を貫くようだ。

マルティネスはより多くの出場時間を欲しがっており、アーセナルも£20m近くのオファーが届いた場合は本人の意向も尊重しそのまま売却に踏み切るとみられている。

果たして残りのキャリアをマルティネス本人の満足がいくように過ごすことはできるのだろうか。

 

フィオレンティーナはルーカス・トレイラに対してローンでの獲得をオファーか(La Sampa)

Fiorentina 'to make loan bid for Torreira'

 

セリエAのフィオレンティーナはかつて国内で活躍していたルーカス・トレイラの獲得に興味を持っている。

トレイラはサンプドリアでの活躍を認められ、アーセナルへの移籍を果たしたがどうやらイタリアへ戻りたい希望を持っているようだ。

£20mの評価がつけられているトレイラに対してフィオレンティーナはローンでの獲得を行うつもりであり買い取りオプションもつけるようだ。

アーセナルへはローン費用として£7.5mを支払い、シーズン終了後には£16mでの買い取りオプションをつけることになるとみられている。

また、トレイラに対してはトリノも獲得に興味を示しておりフィオレンティーナよりも早くオファーを提示する可能性もある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました