<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ アンドレ・シウバ獲得希望を本人に伝えたか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ アンドレ・シウバ獲得希望を本人に伝えたか

スポンサーリンク

アーセナルはアンドレ・シウバ獲得の希望を本人に伝えたか(Transfer Window Podcast)

Arsenal 'tell Andre Silva they want to sign him'

フランクフルトで今シーズン、34試合に出場し29ゴール10アシストを記録しているアンドレ・シウバ。

ポルトでブレイクし、ポルトガル代表を今後牽引する逸材として注目を集めていたがミラン移籍後にその勢いは一気に衰えてしまった。

しかし、フランクフルトで復活したシウバはかつての姿を取り戻し得点を量産している。

そんなシウバに注目しているのがアーセナルだ。

既にアーセナルはシウバ獲得希望をクラブと本人に伝えているとされており、アレクサンドル・ラカゼットに代わるエースとして据えることも考えている。

£34mの移籍金が必要とされており、アーセナルのほかにRBライプツィヒも獲得を狙っているとされているがこの移籍金がネックとなっておりなかなかオファーを出せずにいる。

アーセナルは今夏の補強予算をシウバ獲得に使うことはできるのだろうか。

アーセナルはギド・ロドリゲス獲得レースで一歩リードか(Marca)

Arsenal 'leading race to sign Guido Rodriguez'

グラニト・ジャカに移籍の噂が出ており、ダニ・セバージョスマルティン・ウーデゴールのローンが終了した今中盤に新たな選手が必要となっている。

そこで浮上しているのがレアルベティスに所属するギド・ロドリゲスであり、今夏のターゲットとして獲得を狙っている。

複数のクラブがロドリゲスの獲得を狙っていると言われている中、アーセナルはこの獲得レースでリードをしており現実的な取引となりそうなのだ。

アルゼンチン代表としてコパアメリカへ出場するため、今シーズンは彼にとって非常に印象に残るシーズンを過ごすことができた。

ベティス加入時は£2.7mの移籍金であったが、彼らがこの活躍を見てどれほどの価値なのかを算出するが、アーセナルがその額を支払えるか否かが最大のポイントとなってくるだろう。

アーセナルはホアキン・コレアに対して2度目のオファーを提示か(ll Messaggero)

Arsenal 'submit second offer for Joaquin Correa'

アーセナルはラツィオホアキン・コレアの獲得を狙っており、先日もオファーを提示している。

しかし、そのオファーはラツィオ側から拒否されており£17mのオファーが最低でも必要とされている。

ルーカス・トレイラを取引の一部に絡めようと考えていたが、ラツィオにとってそれは必要ではなかったようだ。

リバプールも獲得を希望していると言われているコレアは38試合に出場し11ゴール6アシストを記録しており、アーセナルにとって貴重な戦力となり得る選手だ。

コレア自身は将来的なアーセナル移籍に前向きであり、適正なオファーが届けば今夏の移籍も十分にあり得るだろう。

果たしてアーセナルは無事に新戦力を迎え入れることができるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました