<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ アーセナルのブカヨ・サカとの話し合いはまだある

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ アーセナルのブカヨ・サカとの話し合いはまだある

 

スポンサーリンク

アーセナルのブカヨ・サカとの話し合いはまだ始まっていない(Football London)

ミケル・アルテタ政権で左サイドバックとして活躍し、10代ながらも既に期待されているブカヨ・サカ。

アーセナルは元々アタッカーの彼を左サイドバックにコンバートして薄くなっていた層をサポートするだけでなく、サカの持っていたポテンシャルを開花する手助けをしていた。

そんなサカの活躍を見てバイエルンリバプールマンチェスターユナイテッドが獲得を狙っている。

アーセナルとしては来年で契約が切れるため長期契約を新たに締結し、サカを狙うチームの牽制をしたいところだが肝心の本人の気持ちがわからないままなのだ。

一部では交渉は決裂したとの報道もあるが実はまだ話し合いは行われていないようだ。

今後新たなシーズンを切るにあたってチームとサカはお互いの話し合いとともに将来をしっかりと決めていくようだ。

 

アーセナルとパリ・サンジェルマンがレンヌに所属するノア・フランソワーズ獲得を狙うか(Foot Mercato)

Arsenal to battle PSG for Rennes starlet?

リーグアンのスタッド・レンヌに所属する16歳のノア・フランソワーズはU-17のフランス代表で出場経験を持つだけでなく、今シーズンレンヌのUEFAユースカップで5試合に出場するなど新たなスタートして期待されている選手だ。

しかし、実はレンヌのトップチームと未だにプロ契約を結んでおらずレンヌ側はその状況に対して危惧している。

そんな中、アーセナルとパリ・サンジェルマンは既にフランソワーズとコンタクトを取り夏での契約締結を目指している。

また、スペイン方面からセビージャも接触する可能性があり今後数年間における要注目の若手選手になるかもしれない。

彼が20歳と迎える際、どのチームでどのような活躍をしているのか是非見てみよう。

アトレティコマドリーはトーマス・パーティに倍額のサラリーの新契約を提示するか(The Guardian)

Atletico looking to double Partey wages amid Arsenal interest?

アーセナルは中盤の強化のためにアトレティコマドリートーマス・パーティを狙っている。

トーマスはディエゴ・シメオネ政権で欠かすことのできない守備的ミッドフィルダーへと成長し、今シーズンも35試合に出場している。

クラブの財政的状況からトーマス売却を考えていると言われていたアトレティコマドリーだが、ここにきてアーセナルらをけん制すべく現在のサラリーを2倍にした契約を提示することを考えている。

これが締結された場合トーマスは2025年まで、週給£13万をもらうことになる。

また、これにはトーマスのリリース条項も関係していると言われており現在の£43mから£87mへ引き上げたいと考えているようだ。

これが実現すればたとえ売却することになってもしっかりと利益を得ることができるはずだ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました