<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ アーロンズに対し£30mのオファーを提出か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ アーロンズに対し£30mのオファーを提出か

スポンサーリンク

アーセナルはノリッジシティのDFマックス・アーロンズに対し£30mの移籍金を準備か(Goal)

現在最下位に沈んでいるノリッジシティの右サイドバックを務めるマックス・アーロンズは非常に印象的なプレーを見せ続けている。

右サイドバックで困っているノースロンドンの2チーム、トッテナムのアーセナルは今夏に補強に動くとみられておりこのままノリッジシティは降格になってしまうとアーロンズの放出は避けられないことからどう動くのか注目されている。

そこでアーセナルは一足早くアーロンズに対するオファーを確定するようであり、その金額は£30mとみられている。

しかし、財政的に厳しい今の状態で£30mを捻出するのはかなり難しいためトレードやフリー移籍を用いてそれでもなお人員が足りない場合のみアーロンズ獲得に動くようだ。

アーロンズはノリッジシティとの契約を残り4年残している。

 

アーセナルとウルブズで争奪戦勃発!ユベントスのDFルガーニに対して2チームがオファーを行うか(Tuttosport)

Arsenal 'to rival Wolves for Daniele Rugani deal'

ユベントスに所属するダニエレ・ルガーニはかつて期待の超新星と呼ばれていたものの、イマイチ才能が開花せずにイタリアで燻っている。

25歳となったルガーニは今シーズン、ユベントスで7試合のみの出場となっており今夏でチームを離れるのではと噂されている。

そこでルガーニ獲得に動くのはプレミアリーグのウルブズであり、既に£23mの移籍金を用意しユベントスに対してオファーを行うようだ。

しかし、ルガーニに以前より興味を持っていたと言われるアーセナルもこの争奪戦に参加し、アプローチをかける。

ルガーニは昨年に契約延長を行ったばかりで残り4年の契約を残している。

アーセナルはダビドルイスシェコドラン・ムスタフィ、ソクラテスなど去就が未だに不透明なセンターバックが数名いるためルガーニの獲得には力を入れるとみられている。

 

元アーセナルMFレイ・パーラー「オーバメヤンは現金化したほうがいい」(talkSPORT)

Parlour urges Arsenal to cash in on Aubameyang

今夏での退団が噂されるなどその去就に注目が集まっているアーセナルのピエール・エメリク・オーバメヤン。

元アーセナルMFであるレイ・パーラーはオーバメヤンの去就問題についてコメントしており、スカッドを充実させるためにも新たなターゲットの獲得が必要と主張している。

 

レイ・パーラー ”アーセナルは、もしオーバメヤンが契約延長にサインしないなら今夏で売ってそのお金で新しい選手を取りにいくべきだね。留まりたくない選手を無理やり留めるのは難しいことだ。”
”一体どれほどの金額になるかはわからないがそれなりの額で売却できるなら補強費に充てることはできるはずだ。”
”でも、これは難しい問題だ。すべてのクラブが思っているはずだ。自分のチームの重要な選手の契約が残り1年に迫ったらどうすればいいのか、と。”

コメント

タイトルとURLをコピーしました