<前編/2022年最新>2021シーズンのチャンピオンズリーグ出場チームの特徴は?
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ イサク獲得へ争奪戦が勃発か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ イサク獲得へ争奪戦が勃発か

スポンサーリンク

アーセナルはレアルソシエダのアレクサンデル・イサク獲得へ争奪戦に参戦か(AS)

Arsenal, Man United, Liverpool 'all interested in Alexander Isak'

2019年にブンデスリーガのドルトムントからラリーガのレアルソシエダに移籍をした22歳の長身ストライカー、アレクサンデル・イサク。

イサクはレアルソシエダ移籍後、徐々にポテンシャルを開花しており、今シーズンも8ゴール3アシストを記録している。

そんなイサクはレアルソシエダと新たな契約を結んだばかりだが、多くのトップクラブが彼の獲得を目指しているとメディアが報じている。

以前より噂されていたのはアーセナル、マンチェスターユナイテッド、リバプールであり壮絶な争奪戦になることが予想されるだろう。

レアルソシエダ側は120億円近い移籍金が必要と主張しているが、この金額を支払うことができるかどうかが獲得のカギを握るだろう。

またプレミアリーグ勢以外にもパリサンジェルマンやバルセロナもイサク獲得を目論んでいるとされており来夏の動きに大きな注目が集まる。

アーセナルはバルセロナのセンターバック、ロナウド・アラウホ獲得に興味か(Gerard Romero)

Arsenal, Liverpool, Man United 'all submit contract proposals for Araujo'

バルセロナのセンターバックとして主力のロナウド・アラウホはその契約を残り18カ月としており、来夏の動きに大きな注目が集まっている。

バルセロナ側は契約延長が難しいとしており、移籍が濃厚となっているアラウホだが直近の活躍により多くのクラブが獲得に乗り出すとされている。

そんなアラウホにはアーセナルをはじめ多くのクラブが既に興味を持っており、来夏の移籍市場で具体的なオファーが出てくるだろう。

アラウホは今シーズンは31試合に出場しており、3アシストを記録するなどシャビが監督を務めるチームにおいて重要な存在となっている。

クラブ側はアラウホとの契約延長を目指しているが実際には厳しい状況であり夏の移籍市場でチームを離れる可能性は十分にあるだろう。

アーセナルは夏の移籍市場でムサ・ディアビ獲得を計画か(sport1)

Arsenal, Man United, Newcastle 'all interested in Moussa Diaby'

今シーズン、レバークーゼンで34試合に出場し16ゴール、9アシストを記録し非常に印象的なプレーを見せているムサ・ディアビ。

そんなディアビは残り3年以上の契約を残しているがここ数カ月、彼の周りでは多くの噂が飛び交っている。

アーセナルやニューキャッスルユナイテッドがディアビ獲得に強い興味を持っていると言われているが、レバークーゼンは78億円の移籍金を要求するとされている。

2019年にレバークーゼンに移籍して以降、コンスタントに結果を残し続けているムサ・ディアビ。

最近ではリバプールも興味を示していると言われている中でアーセナルはこの取引を成功させることができるのだろうか。

アーセナル
スポンサーリンク
シェアする
keny9footballをフォローする
スポンサーリンク
プレミアリーグの移籍やら噂やら

コメント

タイトルとURLをコピーしました