<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ イスコを1月のトップターゲットへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ イスコを1月のトップターゲットへ

 

スポンサーリンク

アーセナルはレアルマドリーのイスコを1月の移籍市場におけるトップターゲットへ(PA)

アーセナルのミケル・アルテタ監督はチームにより創造的な選手を欲しており、インテルのクリスティアン・エリクセンやノリッジシティのエミリアーノ・ブエンディア、そしてドルトムントのユリアン・ブラントらをリストアップし移籍市場におけるターゲットを決めている。

だが、彼らは以前から噂になっていたレアルマドリーイスコをトップターゲットに定めたようだ。

イスコはレアルマドリーを2021年限りで出て行くと報じられており、アーセナルはこの状況を鑑みて1月の移籍市場で獲得に向かうのだ。

イスコは国内にとどまってプレーする可能性も考えており、セビージャが移籍先として有力視されている。

アーセナルはバルセロナのリキ・プッチに対してスカウトを送り状況を注視している(The Athletics)

Arsenal scouting Barcelona's Riqui Puig?

ロナルド・クーマン政権下でチーム作りを行っているバルセロナの中でカンテラーノとして期待されているリキ・プッチ

しかし、クーマン監督は練習で十分なハードワークを見せることができていないと指摘しており、ローンで修行に出る可能性が高くなっている。

そこに目をつけたのがアーセナルだ。

彼らは創造性を補うためにプッチの獲得を検討しており、ゴール欠乏症を修正できるオプションとして見ている。

また、プッチに対してはリーズユナイテッドも獲得を狙っており、今冬の移籍市場で何らかの動きがあるとみられている。

アーセナルはセビージャのジョアン・ジョルダンの獲得を狙う(The Sun)

Arsenal to move for Sevilla's Joan Jordan?

2019年よりセビージャに所属するジョアン・ジョルダンは今シーズン、19試合に出場し1ゴール3アシストを記録するなどチームの中心的選手として活躍を見せている。

この活躍が目に留まり、アーセナルは中盤における問題の解決のためにジョルダンの獲得を検討しているようだ。

ジョルダン自身もプレミアリーグに対する挑戦は前向きにとらえており、オファー次第では実現するとみられている。

セビージャはジョルダンに対して£55mのリリース条項を設定しているが、£32m以上のオファーが届き次第売却も検討するようだ。

ジョルダンのセビージャとの契約は2023年までとなっている・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました