<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ ウィリアンのほかに2名の獲得を希望している

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ウィリアンのほかに2名の獲得を希望している

 

スポンサーリンク

アーセナルはウィリアンのほかに2名との契約を目指している(Daily Star)

Arsenal 'planning two more signings after Willian'

アーセナルは先日、チェルシーを退団したウィリアンをフリーで獲得した。

だが、彼らはまだスカッドを強力にすべく補強の必要性があると感じている。

FAカップで優勝したもののリーグ戦の順位は期待外れであり、アルテタ新体制でチームとして向上するためである。

アーセナルのテクニカルディレクターを務めるエドゥは残り2名との契約を目指しており、1人目は長く追いかけているアトレティコマドリートーマス・パーティである。

しかし、リリース条項である£45mを支払うことが困難なため実現する可能性は低いとみられている。

2人目はリールに所属するDFガブリエウ・マガリャンイスだ。

将来を嘱望されているスターの1人であり、長期的なオプションとしての獲得を狙っているがナポリへの移籍が長く噂されている。

フリーで実力者を補強したアーセナルだが、このまま続けて成功させることはできるのだろうか。

 

エミリアーノ・マルティネスは自身の獲得を狙うクラブとの話し合いへ(Marca)

Emiliano Martinez talks up options if he leaves Arsenal

アーセナルの守護神を務めるベルント・レノは素晴らしいパフォーマンスを見せているが、シーズン途中から負傷で離脱してしまい、第2ゴールキーパーであるエミリアーノ・マルティネスがゴールマウスを守っていた。

マルティネスのパフォーマンスはレノの劣らぬものであり、クラブは彼との契約延長を目指すとも言われていた。

しかし、マルティネス本人はより多くの出場時間を欲しがっており、移籍を検討しているのだ。

現在彼には10ものクラブが獲得を狙っているとされておりそれらのクラブとの話し合いに臨む。

エミリアーノ・マルティネス ”アーセナルに残りたいと思っている。しかし、より多くの試合に出場したいのも僕の望みだ。それは僕の年齢や今のレベルを考えると仕方のないことだと思う。今ヨーロッパで10個のクラブと話し合う準備ができているよ。まだ具体的な話はないからどこのクラブなのかは言えないけどね。今後自身にとって何がベストなのか、しっかりと決断するよ”

代理人「アーセナルはジョエウソン・フェルナンデスと話し合いをしていない」(talkSPORT)

Agent: 'Arsenal are not in discussions for Joelson Fernandes'

ポルトガルの次世代スターと呼ばれているジョエウソン・フェルナンデス。

17歳のフェルナンデス獲得を希望するクラブは非常に多く、アーセナルのその1つだと言われていた。

しかし、フェルナンデスの代理人はアーセナルが直接話し合いをしていないことを明らかにした。

ミケル・アルテタは彼の獲得を熱望しており、その気持ちを隠すことはないが未だに具体的なオファーやそれに関する話をしていないのだ。

代理人は多くのクラブが話し合いをしたがっているとも語っているが、実際にフェルナンデス獲得に本腰を入れているクラブはバルセロナユベントスとされている。

果たしてアーセナルはフェルナンデス獲得に動き出すのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました