<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ ウィリアン獲得のために交渉へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ウィリアン獲得のために交渉へ

 

スポンサーリンク

アーセナルはウィリアン獲得のために交渉に入るか(Bleacher report)

 

チェルシーウィリアンはまだまだ欧州でのプレーを続けたいと考えている。

チェルシーと3年の契約を望んでいたが、クラブ側は2年を希望しているため交渉は破断となり今夏でフリーでの移籍となる。

候補として挙がっているのが同じロンドンに本拠地を構えるアーセナルとトッテナムだが、アーセナルが一歩リードしているようだ。

今シーズン、45試合に出場し11ゴールを決めているウィリアンに対して魅力的なオファーを提示するつもりであり、その中身は相応のサラリーと長期間の契約となっている。

アーセナルは財政的に大きなダメージを負っており、移籍市場であまり多くの額を使うことができない状況になる。

その中においてフリー移籍は非常に魅力的だが、果たしてこのまま契約を取りまとめることができるのだろうか。

 

ユベントスはアーセナルのアレクサンドル・ラカゼット獲得にためにクラブと話し合いへ(Le 10 Sport)

Juventus 'begin talks over Alexandre Lacazette deal'

ユベントスは現在ストライカーを務めているゴンサロ・イグアインの代役を今夏の移籍市場で探すつもりであり、その候補となっているのがアーセナルのアレクサンドル・ラカゼットだ。

29歳のラカゼットはここ4試合で3ゴールを決めるなど好調を維持しており、一時期はクラブが売却を検討していると言われていたもののすっかりチームにとって欠かせない選手となっている。

そんなラカゼット獲得を目指し、ユベントスはついにクラブと話し合いの段階まで話を発展させており、可能性を探っているのだ。

ラカゼットに対してはアトレティコマドリーも獲得を検討していると言われており、今夏での去就に注目が集まっている。

果たしてこのまま残り続けるのか、それとも。

アーセナルはアレクサンドル・ラカゼットに代役としてオドソンヌ・エドゥアール獲得を検討か(Bleacher report)

Arsenal eye Edouard as Lacazette replacement?

 

アーセナルに所属するFWアレクサンドル・ラカゼットは今夏の移籍市場でユベントスアトレティコマドリーに移籍する可能性が出てきており、クラブは早くも代役を探し始めている。

その筆頭候補になっているのはセルティックの若きストライカー、オドソンヌ・エドゥアールだ。

エドゥアールは今夏、セルティックで45試合に出場しており27ゴール19アシストという驚異的な成績を残しており多くのクラブが注目している存在となっている。

現行の契約は2022年までとなっており、セルティック側はこれ以上の契約延長が望めない場合は売却も視野に入れている。

また、エドゥアールに対してはライバルであるマンチェスターユナイテッドも狙っていると言われている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました