<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ エジルの契約を解消することはできない

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ エジルの契約を解消することはできない

 

スポンサーリンク

アーセナルはメスト・エジルとの契約解消を望んだもののできず(ESPN)

アーセナルに所属するメスト・エジルミケル・アルテタ監督のプランには既に入っておらず、今夏にも移籍するのではないかと言われていた。

しかし、結局移籍が実現することはなかった。

クラブは£35万をエジルに支払っており、来年の契約満了を前に契約の解消を目指していたようだ。

結局彼を現金化するチャンスは来年の冬のみとなっており、フリーでの退団の可能性が非常に高まっている。

アーセナルでは254試合に出場し、44ゴール77アシストを記録しているエジル。

彼のキャリアはこれからどうなるのだろうか。

 

メスト・エジルは9月の末に£8mのボーナスを受け取っていた(The Athletics)

Mesut Ozil 'receives £8m Arsenal loyalty bonus'

アーセナルにとっては痛いニュースだろう。

メスト・エジルはチームで最高給となる£35万を受け取っており、チームは来年で契約を終える同選手の放出に動いていた。

しかし、放出はできず、やむを得ず契約を打ち切りにすることも考えたが交渉は成立せず。

さらに2018年の契約へのサイン時にエジルは2020年の9月末に£8mのボーナスを受け取る条項を組み込んでいたようだ。

ベンチ外が続く選手に対して£8mを支払うのはアーセナルからすると痛い出費であり、ただでさえコロナウィルスの影響で財政に大きなダメージを食らっているためエジルへの批判が強まる可能性がある。

エジルはアーセナルが登録したヨーロッパリーグへのスカッドに外れている。

 

マッテオ・ゲンドゥージ「アーセナルでのキャリアは終わっていない」(PA)

Matteo Guendouzi: 'My Arsenal career is not over'

ブライトン戦の振る舞いにより、ミケル・アルテタの逆鱗に触れたとされるマッテオ・ゲンドゥージ。

アーセナルの将来を担う選手の1人とも言われているが、それ以降チームの中心になることはなく、今シーズンは移籍期間の最終日にブンデスリーガのヘルタベルリンへローンという形で放出されている。

しかし、ゲンドゥージ自身はこれでアーセナルでのキャリアが終わったと考えておらず、1年間の新たな挑戦と考えているようだ。

マッテオ・ゲンドゥージこれはアーセナルでのキャリアの終わりではない。僕はまだ若く、試合に出場する時間を確保することが一番重要なんだ。ヘルタベルリンは僕の良さを思いっきり出すことのできるクラブだ。1年間のローンが終了すれば、僕はアーセナルのためにできることすべてを捧げるよ。ピッチ上でまずは楽しむ必要があるし、僕はこの1年はそれに専念するよ”

コメント

タイトルとURLをコピーしました