<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ エドゥアール獲得へ強く進めるか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ エドゥアール獲得へ強く進めるか

 

スポンサーリンク

アーセナルはオドソンヌ・エドゥアール獲得を早く進めるか(Ruhr7)

スコティッシュプレミアリーグの王であるセルティックでこれまで126試合62ゴールの成績を残すオドソンヌ・エドゥアール。

優れた点取り屋としてセルティックでその才能を開花させ、今やあのキリアン・ムバッペをも超える素質を持っているのではとも評価されている。

そんなエドゥアールには多くのクラブが注目をしており、中でもアーセナルとドルトムントは獲得へ向けて具体的なオファーを送るとみられている。

しかし、ドルトムント側はセルティックが要求するであろう£30mの価値はないだろうとみており交渉が難航すると思われる。

そして獲得に優先なポジションにアーセナルが残り、あとはセルティックを満足させるだけの額を提示できるか否かだけの問題である。

エドゥアールはセルティックとの契約を残り2年残している。

 

インテルはエクトル・ベジェリンを獲得リストに追加か(FcInterNews)

Inter Milan line up Arsenal's Hector Bellerin?

アントニオ・コンテ率いるインテルはロメル・ルカクやアシュリー・ヤング、アレクシス・サンチェスなどプレミアリーグ方面からの補強を進めており着実にチームの強化を図っている。

そんなインテルが次のターゲットにするのはエクトル・ベジェリンではないかと言われている。

バルセロナの下部組織出身であるベジェリンはアーセナルで深刻な怪我を経験したが最近になって復帰し、90分間のフル出場を続けている。

インテルはベジェリンをアントニオ・カンドレーヴァの後釜としてみており、来夏にはオファーを出すのではないかと思われる。

インテルのGMを務めるジュゼッペ・マロッタは以前にもベジェリンに接触していたが怪我の影響により獲得を断念していた。

 

アーセナルはオーバメヤンの金額を大幅に引き下げか(Gazetta Dello Sport)

Arsenal 'slash Aubameyang asking price to £31m'

ミケル・アルテタ政権になり、変わらぬ活躍を続けているガボン代表のピエール・エメリク・オーバメヤン。

オーバメヤンには今シーズン限りでアーセナルを退団するのではないかという噂が立ち込めており、チーム状況が一向に改善されないことからいよいよ現実味を帯びてきたのだ。

レアルマドリーバルセロナはオーバメヤン獲得に興味を持っており、アーセナルに金額を確認している。

2021年で契約が終了するためフリーでの放出を避けたいと考えており、そこで彼らは£44mに設定していたオーバメヤンの金額を£31mまで下げることを決断した。

30歳となったオーバメヤンはドルトムントからアーセナルに移籍して以降コンスタントに結果を残しており、昨シーズンはサディオ・マネやモハメド・サラーと並ぶプレミアリーグにおける得点王を獲得している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました