<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ オドソンヌ・エドゥアルド獲得に£15mの移籍金を準備か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ オドソンヌ・エドゥアルド獲得に£15mの移籍金を準備か

スポンサーリンク

アーセナルはセルティックのオドソンヌ・エドゥアルド獲得へ£15mの移籍金を準備し夏にも交渉に入るか(The Express)

セルティックで得点を量産する怪物フォワードであるオドソンヌ・エドゥアルド。

セルティックとの契約を残り18カ月としており、このままではフリーでの流出の可能性もわずかながらに出てきてしまっている。

そんな状況に注目しているのがアーセナルだ。

アレクサンドル・ラカゼットエディー・エンケティア、フォラリン・バログンらの将来が不透明となっており、新たなストライカーを求めている彼らにとってエドゥアルドはまさに抜群にターゲットと言えるだろう。

セルティックとしてはフリーで退団をさせたくはないはずであり、その前に当初の移籍金よりも低い金額のオファーを受けると言われている。

そこでアーセナルは£15mの移籍金を準備し、夏の移籍市場で交渉に入るというのだ。

既に今シーズン19得点を記録しているエドゥアルドに対しては同じくプレミアリーグからウェストハムユナイテッドも獲得を狙っている。

果たしてスコットランドで暴れまわった怪物はプレミアリーグへと上陸するのだろうか。

マルティン・ウーデゴールはアーセナルへの完全移籍の可能性もオープンにしている(TV2)

Martin Odegaard opens door to longer Arsenal stay

レアルマドリーからローンという形でアーセナルに加入しているマルティン・ウーデゴール。

創造的な選手を必要としていた彼らが欲していた人材であり、残りのシーズンでの活躍が期待されている。

既にデビューも飾り、リーズユナイテッドに4-2と勝利しているがその後のインタビューで可能性としてはアーセナルへの完全移籍もあるとほのめかしていたのだ。

22歳のノルウェー人ミッドフィルダーの値段は決して安くは無いとみられているが、アーセナルがどのような選択を取るのかに注目が集まるだろう。

ウーデゴールのレアルマドリーとの契約は残り2年半残っている。

アーセナルとダビドルイスの間で契約についての交渉がいまだに行われている(Football Insider)

Arsenal 'yet to open contract talks with David Luiz'

昨年の夏にアーセナルとの契約を1年延長したダビドルイス

彼の持つ豊富な経験値は今のアーセナルにとって非常に重要なものとなっている。

しかし、夏の移籍市場で契約が切れるタイミングとなるためフリーでの退団が予想されている。

アーセナルとしてはクラブに残るのであればコーチ兼選手という立ち位置にいてほしいと考えており、それによるプレー時間の減少も受け入れるのであれば交渉に応じるというのだ。

ロブ・ホールディング、ガブリエウ・マガリャンイス、パブロ・マリらは競争の中にありここにダビドルイスが割って入るにはそろそろ限界が近づいてきたと言えるだろう。

ダビドルイスは今シーズン、アーセナルで14試合に出場している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました