<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ オーバメヤンはより野心を持つクラブを好むか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ オーバメヤンはより野心を持つクラブを好むか

 

スポンサーリンク

オーバメヤンはアーセナルより野心を持ったクラブを好む(ESPN)

 

アーセナルの成績が伸びず、来夏にも移籍を検討していると言われているピエール・エメリク・オーバメヤン。

オーバメヤンにはレアルマドリーやバルセロナといったクラブが獲得を検討しており、退団の可能性は高いと言える。

そんなオーバメヤンに関してガボン代表のトップを務めるピエール・アラン・モウンガンギ氏が彼はアーセナルよりも野心を持ったクラブを好むとインタビューで発言している。

 

”アーセナルに野心がないとは言わない。でもヨーロッパにはより高い目標と野心を持ったクラブがあるんだ。みんな彼は世界でもトップレベルの選手だと認識しているはずだろう。私がアドバイスできることはとにかくプレーを続けてより高い目標を持つクラブからの関心を待つということだ。”

アトレティコマドリーとセビージャもベジェリン獲得レースに参戦か(Daily Star)

Atletico, Sevilla 'join Hector Bellerin race'

 

バルセロナの下部組織で育成されたアーセナル所属の右サイドバック、エクトル・ベジェリンは多くのクラブからの関心を集めている。

怪我の影響で今シーズンはしばらくプレーができずにいたが、最近になって復帰を果たし90分間のフル出場もしている。

そんな復活したベジェリンにはアントニオ・コンテ率いるインテルが強い関心を示していると言われていたがここにきてスペイン方面からも獲得の可能性があるようだ。

アトレティコマドリーセビージャはこの快速ディフェンダー獲得を狙っており、母国復帰を武器に交渉を行う予定だ。

ベジェリン売却には£36mの移籍金が必要と言われている。

 

アーセナルが獲得を狙うトーマス・パーティにローマとインテルも興味か(Munde Depoltivo)

Roma, Inter Milan 'to rival Arsenal for Thomas Partey'

アーセナルが獲得を狙っているアトレティコマドリーの中盤で輝くトーマス・パーティ。

下部組織出身ながら急激な成長を果たし今ではチームに欠かせない選手となっている。

アーセナルは中盤の強化のためにトーマス獲得のためのオファーを出す準備をしているがイタリア方面からライバルが現れたようだ。

ローマインテルはともにトーマス獲得に手を挙げており、決して高くない契約解除条項をみると本人との交渉次第となりそうだ。

アトレティコマドリーとしては手放すわけにはいかない選手であり、契約延長交渉を行っているが具体的な話はまだ出てきていない。

アーセナルとしては競争となると待遇面やチーム状況からかなり厳しくなりそうだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました