<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ シェフィールドのベルゲ獲得へオファーを準備か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ シェフィールドのベルゲ獲得へオファーを準備か

スポンサーリンク

アーセナルはシェフィールドユナイテッドに所属するサンダー・ベルゲ獲得へ未だオファーは出していない(PA)

Arsenal yet to make official bid for Sander Berge

シェフィールドユナイテッドサンダー・ベルゲはプレミアリーグ上陸後、そのポテンシャルを発揮しており、チーム自体が既に降格が決まってしまっているため今夏での移籍が噂されている。

プレミアリーグの中でも人気銘柄となりつつベルゲだが、既にアーセナルが公式なオファーを準備しシェフィールドに提示していると言われている。

しかし、監督であるポール・ヘッキンボトムはこの噂を完全否定し、アーセナルから未だに正式なオファーが届いていないことを示した。

また、アーセナル以外にリバプールらも獲得に興味を示していると言われているが、現在ポールポジションにいるのはエヴァートンだと言われている。

果たしてノルウェーの逸材MFを獲得するのはどのクラブになるのだろうか。

ベルント・レノはアーセナルを離れることを否定(Sport1)

Bernd Leno denies Arsenal exit talk

調子がイマイチ伸びず、来シーズンも欧州大会への出場ができないことが濃厚となっているアーセナルだが、その中で昨シーズンより輝いている男がゴールキーパーのベルント・レノだ。

守護神の名に恥じぬ活躍を見せているが、それだけにアーセナルから退団するのではと危惧する声も少なからずある状況だ。

しかし、レノはアーセナルから退団することを否定しており、今後もロンドンでプレーすることを希望しているのだ。

今シーズンも15個のクリーンシートを記録しているレノだが、更なる契約延長を果たす可能性も出てくるのだろうか。

マッテオ・ゲンドゥージの完全移籍での売却がまもなく完了か(Le 10 Sport)

Matteo Guendouzi closing in on permanent Arsenal exit?

アーセナルから離れ、ヘルタベルリンへローンで加入しているマッテオ・ゲンドゥージ

かつてはアーセナルの将来を担う逸材MFとして期待されていたが、ミケル・アルテタ監督と衝突してからは出番がなく、ローンで出場機会を得るようになった。

ヘルタベルリンでは24試合に出場し2ゴール3アシストを記録するなど一定の活躍は見ているようだ。

アーセナルへ戻っても居場所がないことから今夏にも新たな移籍先を探すと言われているが、どうやら完全移籍での売却が近づいているようだ。

フランスのマルセイユがゲンドゥージ獲得レースをリードしており、アーセナルとの現行契約も2022年までとなっており、移籍金も抑えられると考えているようだ。

かつての逸材MFはまた居場所を変え、完全移籍で再び輝きを見せることはできるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました