<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ ショボスライ獲得レースにライプツィヒが参加か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ショボスライ獲得レースにライプツィヒが参加か

 

スポンサーリンク

アーセナルが狙うドミニク・ショボスライ獲得レースにRBライプツィヒも参加か(Footballl.london)

RB Leipzig to rival Arsenal for Dominik Szoboszlai?

RBザルツブルクに所属するウィンガー、ドミニク・ショボスライ

ショボスライ獲得にはアーセナルが興味を示していたが、ここにきてRBライプツィヒも獲得に興味を示しているようだ。

姉妹クラブである彼らはこれまでナビ・ケイタ、ダヨ・ウパメカノ、ファン・ヒチャンといった選手たちが移動しており、今回も実現する可能性は高いと言えるだろう。

これまでショボスライに対してはパリ・サンジェルマンナポリ、ミランといったクラブが獲得に興味を示しており、40試合で30ゴールを記録した彼のインパクトは非常に大きくなっている。

今シーズンはすでに7試合に出場し、3ゴール、3アシストを記録している。

 

メスト・エジルがプレミアリーグのスカッドから本日外れることが決定した(evening standard)

Ozil 'left out of Arsenal's Premier League squad'

 

プレミアリーグの各クラブは今シーズンのリーグを戦うためのスカッドリストを本日までに提出する必要がある。

今夏、気になる補強をみせたアーセナルに大きな動きがあるようだ。

週給£350000を受け取っているメスト・エジルがそのスカッドから外れるというのだ。

クラブは今夏でのエジル放出に失敗しており、残り一年は高額なサラリーを支払い続けなければならない。

少しでもコストを節約するために、試合出場ボーナスを支払わずに済ませるための措置である。

また、エジル以外ではソクラテス・パパスタロプーロスもスカッドから外れると言われており、2人とも既にヨーロッパリーグも出場しないことが決まっている。

32歳の元ドイツ代表天才プレーヤーはこのままアーセナルでのキャリアを終えることになるのだろうか。

 

ジョエウソン・フェルナンデスの代理人がアーセナルからのオファーがあったことを認める(Odemocrata)

Fernandes agent 'confirms Arsenal bid'

 

ファーストチームでの経験がないにもかかわらず、この17歳に対しては多くのプレミアリーグのクラブが興味を示している。

スポルティングに所属するジョエウソン・フェルナンデスはアーセナルが狙うターゲットの1人と言われており、既にオファーも提示しているのではと言われている。

そして、フェルナンデスの代理人を務める父親であるエウセビオ・フェルナンデスがアーセナルから£17mのオファーがあり、それを拒否したことを認めた。

エウセビオ・フェルナンデスここ数週間、ジョエウソンをこのクラブに留めるため、非常にタフな時間を過ごしたよ。私の願いは今後もスポルティングに残ってもらうことだが、彼のフットボーラ-としてのクオリティ-を考えると多くのクラブからオファーが来ても仕方がないだろう。”
ジョエウソンはクラブと新たに3年契約を結んでおり、リリース条項は£54,5mとなっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました