<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ セバージョスの完全移籍はプランに入っていない

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ セバージョスの完全移籍はプランに入っていない

 

スポンサーリンク

アーセナルはダニ・セバージョスの完全移籍での獲得プランを持っておらず(El Confidencial)

 

プレミアリーグで14試合に出場しているアーセナルのダニ・セバージョス。

レアルマドリーからのローンで加入しているが、怪我の影響もあり全コンペティションでも24試合に留まっている。

当初見せたプレーが印象的でありこのまま完全移籍での獲得、もしくはローンの延長も考えられる可能性もあったがミケル・アルテタのプランには来シーズン以降もセバージョスがスカッドに入ることはないようだ。

セバージョス自身もレアルマドリーで監督を務めるジネディーヌ・ジダンを納得させるべく、来シーズンはロス・ブランコで自身の力を試したがっているのだ。

アーセナルでの出場が少なくなっていたため、ジダンを完全に信用させるには難しいミッションだが彼は挑むようだ。

 

 

メスト・エジルは今シーズンでアーセナルを去ることはない(beIN Sport)

Mesut Ozil will not leave Arsenal this summer

レアルマドリーから加入し、多くのアシストを供給してきたメスト・エジル。

そんなエジルのアーセナルでの物語も終わりが近づいており、フェネルバフチェへの移籍が噂されている。

しかし、エジルはミケル・アルテタの下でスターティングを勝ち取っておりアーセナルでのプレーを楽しんでいる状況だ。

エジルの代理人は契約終了までアーセナルにいるだろうとコメントしている。

”メストは残り1年の契約だ。それは何も変わらない。その後何が起こるかは時間のみが教えてくれる。彼はまもなく32歳となり、選手としてのキャリアはあと数年だろう。そこを含めて家族とも決定を下すはずだ。フェネルバフチェとのことについては何も言えないね。そういう決まりなんだ。”

アーセナル側としては高額なサラリーが負担となっているため売却を選ぶ可能性もあるが・・・。

 

アーセナルはブカヨ・サカとの契約延長について難航している(90min)

本職ではない左サイドバックにコンバートされ、アーセナルで29試合に出場しているブカヨ・サカ。

彼が今シーズン見せたインパクトは今後のアーセナルにとっても非常に大きな意味を持つ。

しかし、1つ大きな問題があるのだ。

残り1年となっている契約の延長ができていないのだ。

アーセナルはサカへ対して延長のオファーを出しているものの合意できず、進む光すらもないような状況だ。

未来が明るいサカに対してはリバプールドルトムント、さらにはチェルシー、マンチェスターシティ、レスターシティまでもが触手を伸ばそうとしている。

サカの未来は来シーズン以降もアーセナルにあるのか、それとも・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました