<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ ダニーロ・ペレイラの値段は確認済み

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ダニーロ・ペレイラの値段は確認済み

 

スポンサーリンク

アーセナルはポルトのダニーロ・ペレイラの値段を既に確認している(O Jogo)

Arsenal learn Danilo Pereira asking price?

アーセナルはアトレティコマドリートーマス・パーティ獲得が困難と判断し、代役としてポルトに所属しているダニーロ・ペレイラ。

ポルトは財政的問題からペレイラの売却を考えており、オファーを聞き入れる準備ができているのだ。

アーセナルはポルトと何回かやり取りをしており、今夏の獲得に必要な資金を£27mと確認できたようだ。

しかし、これはアーセナルが考えている値段よりも高くそう簡単にオファーを出せる状況ではない。

シーズンが始まるまでに可能な限り選手の売却を行う必要があるが、果たしてチームは生まれ変わってしまうのか。

 

ウィリアンはアーセナル加入へメディカルチェックを通過(Evening Standard)

Willian 'undergoes Arsenal medical'

 

先日、チェルシーウィリアンの退団を正式に発表した。

今後、フリーとなり移籍先を探す形となるが既に次のクラブは決まっているようだ。

それは同じロンドンに本拠地を構えるアーセナルだ。

アーセナルはウィリアンに対して3年契約を提示しており、両者ともに合意に達している。

また、メディカルチェックも実施しており既に通過しているため残りは公式発表のみとも言われている。

青から赤へとなるウィリアンを拝むことができるのはいつになるのか。

 

アーセナルはトーマス・パーティ獲得資金を準備するためルーカス・トレイラ売却を視野に入れている(The Express)

Arsenal to cash in on Torreira for Thomas Partey funds?

アーセナルの監督を務めるミケル・アルテタは何としてでもトーマス・パーティを獲得したいようだ。

しかし、アトレティコマドリーは£45mというリリース条項を下げることはなく満額を支払わない限り放出はあり得ないという姿勢を貫いている。

そこでアーセナルはパーティ獲得資金を確保すべく選手の売却を視野に入れている。

その候補の1人がルーカス・トレイラであり、かつてプレーしていたセリエAに戻ることに対してポジティブな気持ちを持っている。

その中でもミランがトレイラの獲得に興味を持っており、£26m以上のオファーで売却する予定だ。

また、アーセナルはマッテオ・ゲンドゥージの売却も準備しており売却益の合計でパーティの獲得を目指すつもりである。

果たして念願の中盤をレベルアップさせることのできる人材の確保はできるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました