<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ ダビドルイスはベンフィカへの帰還を夢見ている

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ダビドルイスはベンフィカへの帰還を夢見ている

スポンサーリンク

アーセナルDFダビドルイスはかつて所属していたベンフィカへの帰還を夢見ている(Record)

チェルシーからライバルであるアーセナルへの電撃移籍を果たしたダビドルイス。

アーセナルでは32試合に出場しており、その契約は今年で終了になると言われているがクラブとルイスの間で新たな契約延長の話は出ていないようだ。

そこでルイスはかつて自身が5年間過ごしていたポルトガルのベンフィカへの移籍を考えている。

既にベンフィカの会長であるルイス・フィリペ・ヴィエイラと話は済ませており、ベンフィカへ戻ることを「夢」と称している。

長く欧州で活躍していた攻撃的なセンターバックは33歳となった今年、ベンフィカへと帰還するのだろうか。

 

アーセナルはリールに所属する若きディフェンダー、ガブリエウ・マガリャンイス獲得へ金額を確認か(Le 10 Sport)

Arsenal told Gabriel Magalhaes asking price?

リールに所属するガブリエウ・マガリャンイスは今シーズン、エヴァートンチェルシーレアルマドリーらが狙う人気銘柄として名前が挙がっている。

アーセナルはRBライプツィヒダヨ・ウパメカノ獲得を狙っていたものの、あまりにも価格が高すぎるため断念していた。

そしてウパメカノの代役としてより安価で獲得可能なオプションがマガリャンイスになったのだ。

リールは財政状況からマガリャンイスのほかにブバカリ・スマレヴィクター・オシムヘンなど人気銘柄となっている選手らの売却に踏み切る可能性が高い。

アーセナルはオシムヘンの獲得にも興味を持っており、ピエール・エメリク・オーバメヤンの後釜として迎え入れようとしている。

今やフランスの若手として屈指の選手となっているマガリャンイス、アーセナルは見事に射止めることができるのだろうおか。

 

アーセナルはノルウェーのヤングスター獲得が完了か(VG)

Arsenal snap up Norwegian teen?

ノルウェーのフラムラルヴィークに所属している19歳のヤングスター、ジョージ・ルイス。

3月にアーセナルのトライアルに参加しており、周りを納得させるだけのインパクトを残していた。

近年優秀なアタッカーを輩出し続けているノルウェーだが、ルイスもまた左ウィングとセカンドストライカーをこなす攻撃的な選手だ。

既にフラムラルヴィークのスポールディレクターであるジョスタイン・ジェンセンは「既にオペレーションは完了しており、ルイスのこれからの成功を祈る」とインタビューに答えていた。

昨シーズンはライバルであるトッテナムが獲得するために交渉を行っていたと言われており、見事にライバルを出し抜くことに成功した形だ。

一部ではブカヨ・サカが退団するための後釜と言われているが、クラブはあくまで別と考えておりサカとの契約延長にも自信を持っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました