<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ チアゴ獲得の可能性があった?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ チアゴ獲得の可能性があった?

 

スポンサーリンク

リバプール移籍直前、アーセナルはチアゴを獲得する可能性があった?(The Athletics)

 

先日、リバプール移籍が発表されチェルシー戦でさっそくデビューを果たしたチアゴ・アルカンタラ。

チアゴに対してはリバプール以外にも多くのクラブが獲得を狙っていたとされておりプレミアリーグのライバルたちも例外ではない。

その中の1つにアーセナも含まれており、なんとリバプール移籍直前にはチアゴ本人とサインをできるところまで進めていたのだ。

プレーメーカーを欲しているアーセナルだが、最終的には来年30歳を迎える年齢と£25mと言われていた移籍金が見合わないと判断し移籍を取りやめた。

合流からわずか2日にもかかわらず、プレミアリーグにおける45分間でのパス成功数記録を塗り替えてしまったチアゴはアーセナルにとって脅威の存在となってしまうのか。

シェコドラン・ムスタフィの去就は今夏中に決まる可能性が高い(Laziosiamonoi)

Mustafi's Arsenal exit 'gaining momentum'

アーセナルで年々パフォーマンスを落としているシェコドラン・ムスタフィ

それでもベテランとしてプレーをし、苦しい場面を救うことも決して少なくはない選手だ。

しかし、アーセナルはウィリアム・サリバガブリエウ・マガリャンイスなど若いセンターバックの獲得に成功しておりムスタフィの居場所が徐々に無くなっているのが現状だ。

彼らはムスタフィの売却を考えており、先日にはラツィオからオファーが届いたため今夏の移籍期間中にムスタフィの売却が行われる可能性が高い。

金額は£10mから£13mの間いなるとみられている。

また、ラツィオのほかにもナポリも獲得を検討しているという話があり、新天地へ活躍の場を移すことは確実と見てもいいだろう。

 

アトレティコマドリーはアーセナルのルーカス・トレイラ獲得に関する話し合いを展開か(PA)

Atletico Madrid 'in talks with Arsenal over Lucas Torreira'

アーセナルに所属する24歳のミッドフィルダー、ルーカス・トレイラは以前よりイタリアへ戻る計画を立てていると報じられており、今夏の移籍市場で退団する可能性が高くなっている。

昨シーズンは39試合に出場しているが、ミケル・アルテタにとって絶対的な選手となり切れていないためクラブも彼の将来を考えた決断を尊重するだろう。

しかし、直近でトレイラに対して話し合いを求めているクラブはイタリアではなくスペインのアトレティコマドリーなのだ。

ローンでの移籍に買い取りオプションをつける形とアトレティコマドリーは求めているが、アーセナルとしては手放すのであれば完全移籍のみと決めているためこの移籍の成立は極めて難しいだろう。

トレイラはクラブと2023年まで契約を残している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました