<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ チェルシーがベン・ホワイトを強奪か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ チェルシーがベン・ホワイトを強奪か

スポンサーリンク

アーセナルが狙うベン・ホワイトをチェルシーが強奪か(Transfer Window Podcast)

Chelsea launch late bid to hijack Arsenal's White move?

アーセナルが£50mの移籍金を準備に獲得に本腰を入れているブライトンベン・ホワイト。

この取引は順調に進んでおり、そのまま完了するかと思われていたがなんとチェルシーがホワイトとコンタクトを取り始めているのだ。

同じロンドンに拠点を持つが、チャンピオンズリーグに挑戦できることとリーグタイトル獲得が現実的であることを武器に口説いているようだ。

右サイドバックとセンターバックをこなすホワイトはトーマス・トゥヘルが欲する選手の特徴に合致しており正式なオファーを出す可能性は高いとみられている。

マシュー・ライアンはまもなくレアルソシエダへの移籍が完了か(Sky Sports News)

Mat Ryan close to Real Sociedad move?

オーストラリア代表としても活躍をし、スペインではバレンシアに2年加入していたマシュー・ライアン。

その後彼はブライトンに加入したが、2020シーズンはロベルト・サンチェスにポジションを奪われてしまい、後半戦はアーセナルへローンで加入していた。

アーセナルとしては完全移籍での獲得を希望するつもりであったとされている。

しかし、ライアンに対してはレアルソシエダが近づいており、数年ぶりのスペイン復帰が現実的となってきた。

既に個人合意は終了しており、まもなくこの取引は完了するだろう。

ゴールキーパー不足に喘ぐアーセナルはまたもや獲得失敗となってしまうのだろうか。

アストンヴィラはアーセナルのエミール・スミス=ロウ獲得へ3度目のオファーを提示か(The Mirror)

Aston Villa to launch third bid for Arsenal's Smith Rowe?

アストンヴィラはアーセナルのエミール・スミス=ロウ獲得を希望しており、これまで2回のオファーを提示している。

しかし、2回目の£30mのオファーも拒否されており、アーセナルは放出する姿勢を見せていない。

アストンヴィラの監督を務めるディーン・スミスはエースであるジャック・グリーリッシュに移籍の噂があることから後釜を確保すべくスミルロウをリストアップしているのだ。

スミルロウは昨シーズン34試合に出場し、4ゴール7アシストを記録するなどの活躍を見せている。

ウナイ・エメリが監督を務めていた際にトップチームでデビューをさせた選手の1人であり、評価を徐々に高めている。

果たしてアストンヴィラは将来的なエース候補の確保に成功するのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました