<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ チェルシーのアブラハムへ£40mは支払わない方向へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ チェルシーのアブラハムへ£40mは支払わない方向へ

スポンサーリンク

アーセナルはチェルシーのタミー・アブラハム獲得へ£40mは支払わない方向へ(The Express)

Arsenal 'not prepared to pay £40m for Tammy Abraham'

チェルシーに所属する23歳のストライカー、タミー・アブラハムは既にチェルシーでの居場所を失いかけており、彼自身も他クラブへの挑戦を考えている。

そんな中、ロンドンのライバルであるアーセナルがアブラハム獲得に興味を持っていると言われている。

しかし、彼らはアブラハムの求める週給12万£のサラリーを支払うことはできるものの、£40mもの移籍金は支払うことができないとチェルシー側へ伝えたようだ。

チェルシー側はローンでアブラハムを放出することを考えているが、来年の夏には完全移籍で獲得することが条件となるオプションをつけるだろう。

また、アブラハムに対してはアストンヴィラウェストハムユナイテッドも興味を示している。

果たしてチェルシーアカデミー出身のストライカーは新たな活躍の場を求めることになるのだろうか。

アーセナルはアレクサンドル・ラカゼットを£15mで放出する予定を立てている(The Mirror)

Arsenal 'willing to sell Alexandre Lacazette for £15m'

アーセナルのミケル・アルテタ監督はこの夏の移籍市場でチームを新しく整えることを検討している。

中でも前線は大きく動き出すと言われており、アレクサンドル・ラカゼットは今夏での退団が濃厚となってきている。

現在アーセナルはチェルシータミー・アブラハム獲得を狙っている者の、チェルシーが提示する£40mの移籍金を捻出することができない状況となっている。

そこで彼らはラカゼットを£15mで売却し、その売却益をアブラハム獲得資金に充てることを考えている。

リヨン出身の30歳のストライカーは今夏でアーセナルを離れ、別の居場所を求めることになるのだろうか。

アーセナルはフラムの新星、ミカ・ビエレスの獲得に近づいている(The Athlethics)

Arsenal 'complete deal for Fulham starlet Mika Biereth'

フラムに所属する18歳の新星、ミカ・ビエレス

ビエレスは未だファーストチームでの出場はないものの、U-18の試合で昨シーズンは21試合に出場し、21ゴール13アシストを記録するなど素晴らしい時間を過ごしていた。

多くのクラブが注目する逸材であるが、そんなビエレスにはアーセナルが獲得に最も近いとされており、一部では獲得レースに勝利したと報じられている。

フラムは既にプロ契約を提示しているが、ビエレス側が拒否しているためこれもアーセナル移籍を匂わせることとなった。

果たしてアーセナルはフラムから出てきた新たな逸材の確保に成功するのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました