<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ ティアニーを早くも売却か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ティアニーを早くも売却か

 

スポンサーリンク

アーセナルはキーラン・ティアニーを早くも今夏での売却候補に追加か(Transfer Window Podcast)

 

セルティックから£25mでアーセナルに移籍したキーラン・ティアニー。

大きな期待を抱かれていたものの、残念ながらプレミアリーグでのデビューシーズンは怪我により満足のいくものではなかった。

アーセナルはブカヨ・サカによるコンバートが成功しており、このままではティアニーはレギュラーを奪取できるかも不明だ。

そこで早くも今夏の移籍市場における売却候補としてリストに追加しそうなのだ。

レスターシティに所属するベン・チルウェルがチェルシーに狙われており、彼らは売却する方針は一切ないものの仮にチルウェルを失った場合にティアニー獲得に動く場合があるのだ。

サッカージャーナリスト:ダンカン・キャッスル ブレンダン・ロジャースがレスターシティにやってきたとき、チルウェルは出て行くことを許可されていたようだ。しかし、結局は残っている。契約も延長しており売却は考えていないだろうが、もしもの場合はチルウェルの売却により大きな利益を得ることができると考えている。仮にそうなった場合はおそらくティアニー獲得に動くだろう。だが実際にはどちらも起こることは考えにくい。やはりお金が絡むと状況は難しくなるものなのだ。”

バルセロナは未だにオーバメヤンの獲得の可能性をうかがっている(Daily Star)

Barcelona 'still considering Aubmeyang move'

バルセロナは未だにストライカー獲得が定まらずにいる。

候補は何人かいるものの、トップターゲットはインテルのラウタロ・マルティネスとされている。

しかし、ラウタロの獲得にはおよそ£100mと言われる額が必要であり簡単には手を出すことができないのだ。

そこでプランBとして浮上したのがピエール・エメリク・オーバメヤンだ。

ガボン代表として、そしてアーセナルの選手として得点を量産し続ける快速ストライカーは今シーズンもプレミアリーグで17得点を決めるなど好調を維持している。

オーバメヤンはアーセナルとの契約を来年までとしており、現金化を最大化できるチャンスはおそらく今夏のみとみられている。

以前より退団が囁かれていたオーバメヤンはついにチームを離れるのか。

 

アーセナルはついにオルクン・コクチュ獲得のために具体的なオファーとともにフェイエノールトと話し合いへ(Voetbal International)

Arsenal lining up bid for Orkun Kokcu?

オルクン・コクチュは今シーズン、フェイエノールトの選手として22試合に出場しており2ゴール4アシストを記録している。

アーセナルは以前よりこの若きプレーメーカーに注目しており、今夏にも獲得に動くのではと言われていた。

そしてどうやら具体的なオファーが決まったようなのだ。

ここ数週間以内にアーセナルはコクチュ獲得のために£23mを用意しフェイエノールトと話し合いに臨む。

しかし、財政的に厳しいアーセナルは最優先をトレードでの獲得やフリーの選手の獲得としているため最終的にコクチュ獲得を決定するかは未だ不透明な状況だ。

コクチュはフェイエノールトとの契約を2023年まで残している。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました