<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ バイエルンとの間でハキミ争奪戦が勃発か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ バイエルンとの間でハキミ争奪戦が勃発か

スポンサーリンク

バイエルンとアーセナルとの間でインテルのアクラフ・ハキミ争奪戦が勃発か(Manuel Bonke)

Bayern to rival Arsenal for Achraf Hakimi?

アーセナルのエクトル・ベジェリンは今夏の移籍市場で移籍する可能性が高まっており、代役を探す彼らはインテルアクラフ・ハキミの獲得を狙っていると言われている。

元レアルマドリーの選手であるハキミはインテルで絶対的な役割を担っており、今シーズンも33試合に出場し7ゴール7アシストを記録している。

しかし、ハキミに対しては新しくバイエルンの監督に就任したユリアン・ナーゲルスマンが興味を抱いており、チームに対して獲得を要求しているようだ。

両チームにとってのネックはその値段であり、最低£50mとなる移籍金がかかるようだ。

また、ハキミ自身はインテルで幸せとのコメントも出しており移籍の可能性は低いと言われている。

アーセナルはハキミ獲得失敗の時に備え、ブライトンタリク・ランプティノリッジシティマックス・アーロンズもリストアップしている。

ヘンクのストライカー、ポール・オヌアチュはアーセナル移籍を希望か(Voetbalbelgie)

Paul Onuachu 'wants Arsenal move'

ヘンクに所属する大型ストライカー、ポール・オヌアチュは今シーズン最高の時間を過ごしている。

ここまで34試合に出場しており、30ゴールを記録するなど驚異的な活躍を見せているのだ。

オヌアチュの契約は2024年まではとなっているが、今夏の移籍市場にてアーセナル移籍を希望していると言われている。

アーセナルはフォラリン・バログンとの長期契約を結んだと発表したが、アレクサンドル・ラカゼットエディー・エンケティアは今夏の移籍市場で離れることが濃厚となっている。

移籍金は£36m前後と言われており、ストライカーの獲得を目指しているアーセナルがどのような動きを見せるのかに注目が集まるだろう。

アーセナルはダービーに所属するヤングスター、リー・ブチャナン獲得に興味か(Daily Mail)

Arsenal 'keeping tabs on Derby youngster Lee Buchanan'

ダービーに所属する20歳のリー・ブチャナンは今シーズン34試合に出場し3アシストを記録するなどチームの中心的な選手として活躍を見せているヤングスターだ。

ダービーは現在21位と不調が続いておりこのままでは来シーズンは降格することも考えられている。

アーセナルは左サイドバックにキーラン・ティアニーを補強しているが怪我続きであり安定的な活躍が期待できない状態となっている。

そのため、そのバックアップとしてブチャナン獲得を狙っているようだ。

現在はセドリック・ソアレスグラニト・ジャカを左サイドバックで起用しているものの専門的な選手を必要としている。

ブチャナンの契約は2022年までとなっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました