<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ バルセロナはオーバメヤンとのサインを好む

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ バルセロナはオーバメヤンとのサインを好む

 

スポンサーリンク

アーセナルのオーバメヤンにはバルセロナが最も接近している(Coral)

残り契約が1年となり、チームの状況を考えるとこれ以上契約を延長することが極めて難しくなっているピエール・エメリク・オーバメヤン

オーバメヤンは昨シーズン20点を挙げ、得点王を獲得し今シーズンも17点で得点ランキング2位に位置している。

オーバメヤンに対しては今夏にマンチェスターユナイテッドチェルシーといった国内クラブからのオファーが来ると思われているが、この獲得レースを制するのはスペインのバルセロナだとみられている。

ブックメーカーでは既にバルセロナ行きに対して2/1と出ておりほぼ決定しているようじゃ状況である。

アーセナルは今回のコロナウィルスの影響とニコラ・ペペへの分割払いの件があるため、来シーズンにフリーで退団を許すよりは移籍金を得ることができる今夏での売却を認める可能性がある。

 

ノースロンドンダービー勃発か、アーセナルとトッテナムがライアン・フレイザーの獲得へ(Football Insider)

Arsenal, Spurs target Fraser 'on brink of agreeing free transfer'

ボーンマスに所属する26歳のアタッカー、ライアン・フレイザーは今夏でのフリー移籍がほぼ濃厚な状況となっている。

昨シーズンには7ゴール14アシストという凄まじい数字を残したことで一気に国内ビッグクラブからの注目を集めていた。

特にノースロンドンに拠点を構えるアーセナルとトッテナムはフリーでこの小兵獲得に向けて動きだしそうなのだ。

また、一部では既にフレイザーはとあるクラブと新たな契約を結んでいるとされており残りは発表待ちと言われている。

フレイザー自身は移籍の件もあってなのか、今シーズンに至っては1ゴール4アシストと大きく調子を落としている。

これから全盛を迎えるフレイザーは新クラブで昨シーズンのような活躍を取り戻すことはできるのだろか。

アーセナルはノルウェーの10代アタッカーとの契約へ近づいている(Goal)

Arsenal nearing agreement for free agent?

ノルウェー3部リーグのFram Larvikに所属する19歳のアタッカー、ジョージ・ルイス。

近年逸材が現れているノルウェーの新たな星であるルイスはミケル・アルテタの心をつかんだようだ。

アーセナルはルイス獲得に向けて話を進めており、いよいよ契約が間近に迫ってきたようだ。

まずはU-23でプレーをさせ、徐々にトップチームに上げていくつもりだという。

ルイスは主に左サイドを主戦場とするウィンガーだが、中央や右サイドでもプレーすることが可能だ。

アーセナルはコロナウィルスの影響で財政状況が悪く、今夏の移籍市場は静かになるとみられているためルイスのような若手へ投資することを中心に選手獲得を目指している。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました