<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ビスマとヌディカの獲得を狙うか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ビスマとヌディカの獲得を狙うか

スポンサーリンク

アーセナルはフランクフルトのエヴァン・ヌディカとブライトンのイヴ・ビスマ獲得を狙うか(Daily Express)

Arsenal keeping tabs on N'Dicka, Bissouma?

冬に移籍市場で大きなお金を使うことなく終えたアーセナルは夏の移籍市場で最低2名の選手とのサインを目指していると言われている。

その中の1人にフランクフルトに所属するエヴァン・ヌディカの名前が入っており、フランクフルト加入後存在感を高め続けているU-21フランス代表へ正式にオファーを出す可能性が高くなっている。

フランクフルト側も安売りすることはなく、£19mが最低ラインの移籍金になるだろう。

また、アーセナルは別にブライトンイヴ・ビスマもターゲットの1人として見ており、夏に何らかの動きを見せる可能性がある。

しかし、ビスマに対しては同じプレミアリーグのライバルでもあるリバプールが興味を示しており、争奪戦に発展する見込みである。

果たして、復活を狙うアーセナルはミケル・アルテタの望む選手を連れてくることはできるのだろうか。

アクラフ・ハキミの代理人はアーセナルからの噂に対し口を開いた(Radio Kiss Kiss)

Achraf Hakimi agent responds to Arsenal rumours

エクトル・ベジェリンが今夏の移籍市場でチームを離れると言われているアーセナル。

早くも即戦力級の選手の獲得が必要となっており、ドイツとイタリアで大きな活躍を見せているアクラフ・ハキミ獲得を以前より狙っている。

£40m程度の移籍金が必要となってくると言われているハキミは多くのクラブからの関心に対して冷たい態度を貫いておりハッキリと答えを出していない。

しかし、彼の代理人がアーセナルからの噂に対して質問を受けそれに対して返事をしたのだ。

その返事は「アクラフ・ハキミはイタリアで幸せ」というものであり、移籍の噂を一蹴されてしまっている。

今シーズンは既に6ゴールを記録しているハキミはこのままイタリアで留まることになるのだろうか。

モハメド・エルネニーはアーセナルとの契約延長を望んでいる(PA)

Mohamed Elneny wants to sign new Arsenal contract

アーセナルに所属するモハメド・エルネニーはクラブでのキャリアを再構築すべくクラブに残る選択肢を選ぶようだ。

ベシクタシュへのローンを終え、チームに戻ってきたエルネニーは以前よりも貢献度が上がっているように見えており、本人も契約延長を望んでいる。

今シーズンは既に16試合に出場しており過去のシーズンよりも多くの出場機会を手にしている。

アーセナルはアトレティコマドリーからトーマス・パーティを獲得しており、ローンで加入しているダニ・セバージョスも中盤に君臨している。

エルネニーはそんな状況にもかかわらず競争を歓迎する姿勢を貫いており、今後のクラブと彼の動きには要注目すべきだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました