<前編/2022年最新>2021シーズンのチャンピオンズリーグ出場チームの特徴は?
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ フェイエノールトのウィンガーに正式オファーか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ フェイエノールトのウィンガーに正式オファーか

 

スポンサーリンク

アーセナルはフェイエノールトのルイス・シニステラへ正式オファーを提示か(Correire dello sport)

フェイエノールトに所属する22歳のウィンガー、ルイス・シニステラ。

今シーズンはエールディビジで38試合に出場し18ゴール11アシストを記録するなど非常に好成績を残す印象的なシーズンを過ごしている。

アトレティコマドリーやナポリら欧州のビッグクラブらが既に注目している逸材であるシニステラだが、アーセナルが彼らを出し抜き24億円と言われる移籍金を準備し、正式オファーを提示したと言われている。

アーセナル側は獲得に自信を見せており、英語の勉強も始めていると一部メディアは報じている。

オランダで活躍する強力な武器を持つシニステラだが、改革期を迎えるアーセナルで代表的な選手となるべくロンドンへやってくるのだろうか。

アーセナルはラウタロ・マルティネス獲得へインテル側へ価格の確認を再度行う(Calciomercato)

Arsenal 'learn asking price for Inter Milan's Lautaro Martinez'

昨シーズンはロメル・ルカクとともに強力なコンビを結成し欧州で最も恐ろしいデュオの一角として暴れまわっていたラウタロ・マルティネス。

相方のルカクはプレミアリーグへ戻ってしまったが、それでもラウタロは今シーズンもここまでリーグ14ゴールを奪取するなど2連覇を目指すチームにとって重要な選手であり続けている。

しかし、そんな活躍を見せているだけにラウタロに集まる注目は決して少なくはなく、欧州のメガクラブたちが獲得のチャンスを伺っている。

中でもアーセナルは以前よりインテル側にコンタクトを取り、ラウタロを熱心に追いかけ続けているクラブの1つとなっている。

彼らはインテルへ再度コンタクトを取り、改めてラウタロの価格をおよそ95億円であることを確認した。

決して安い金額ではないが、アレクサンドル・ラカゼットとエディー・エンケティアの穴を埋める存在として必要な投資であり、アトレティコマドリーら獲得ライバルも本腰を入れ始めているためアーセナルは早急に動く必要があると判断しているのだろう。

アーセナルにとって多くのオプションを与えてくれる存在になるだろうラウタロは今夏の移籍市場で大きな動きは見せるのだろうか。

アーセナルのニコラ・ペペは今シーズンを最後にクラブ退団を視野に入れているか(PA)

Nicolas Pepe hints at summer Arsenal exit

2019年に95億円もの移籍金で獲得されたアーセナルのニコラ・ペペ。

かつてリーグアンで見せていた圧倒的なパフォーマンスを期待されたの金額であったが、プレミアリーグに来てからはやや苦戦しており、その間にブカヨ・サカやエミール・スミス=ロウ、ガブリエル・マルティネッリら若手が大きな成長を見せ、ペペの出場機会も今後危ぶまれると言われている。

そんな中、ペペは自身の去就について考えており、今シーズンを最後にアーセナルから去ることを十分検討しているとメディアのインタビューに答えている。

ニコラ・ペペ ”僕は今クラブの今シーズンの目標に向けて努力している。チームが勝利を重ねているとどうしてもシステムを変更することが難しくなる。ミケル・アルテタ監督も僕がどれだけ日々ハードワークしているかをよく説明してくれるよ。でも、そこには言語の壁が出てくるし、試合に出れないとの同じくらいのフラストレーションになる。プレーができない状況を楽しめる選手なんていないからね。でも、僕はコーチたちの選択をリスペクトしているよ。”

 

アーセナル
スポンサーリンク
シェアする
keny9footballをフォローする
スポンサーリンク
プレミアリーグの移籍やら噂やら

コメント

タイトルとURLをコピーしました