<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ フレイザーは週給£10万を要求か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ フレイザーは週給£10万を要求か

 

スポンサーリンク

アーセナルも狙うライアン・フレイザーは自身が加入するクラブに対して週給£10万を要求か(The Times)

Ryan Fraser 'demanding £100k-a-week deal from Arsenal, Spurs'

今シーズン限りでボーンマスを退団するプレミアリーグ屈指のチャンスメイカーであるライアン・フレイザー。

既にアーセナルやトッテナム、エヴァートンらが獲得に興味を持っているが、フレイザー自身は次に加入するクラブに対して£10万を要求するようだ。

現在フレイザーがボーンマスで受け取っている週給は£2.7万であり、約4倍もの額となる。

昨シーズンは7ゴール14アシストを記録していたフレイザーは今シーズン、1ゴール4アシストのみとなってしまっているが新たなクラブで本来のパフォーマンスを取り戻すことができるのだろうか。

 

 

ダビドルイス「アーセナルにおいて違う決断を下すべきだった」(SKY Sports News)

David Luiz hints he should have refused to play for Arsenal

 

再開したプレミアリーグでマンチェスターシティとアーセナルがアストンヴィラVSシェフィールドユナイテッドと同じく久しぶりとなる試合の幕開けを飾った。

結果は3-0でアーセナルが惨敗。

その敗因となったダビドルイスはクリアミスで1失点、さらにはPKを献上して1失点と散々なパフォーマンスに終わった。

ダビドルイスは試合後のインタビューで自身のミスであったことを認め、アーセナルで違う決断を下すべきだったとコメントをしている。

ダビドルイス 今日のはチームのミスではない。僕のミスだ。ここ2カ月でもう少し違う決断をすればよかったと思う。10人になってからチームはよくやっていたよ。僕の未来について違った決断をすべきだと本当に思うが、アーセナルにいることが大好きなんだ。だから必死にトレーニングしているし、今日もここにいる。僕はここに残り続けたい。監督もそう思っているよ。だから後は最終的な決定を待つだけだ。”

アーセナルらが狙うボーンマスMFライアン・フレイザーはエヴァートンが制す?(Daily Star)

Everton beat Arsenal, Tottenham to Ryan Fraser?

今シーズン限りでの退団が決まっているボーンマスMFライアン・フレイザー。

アーセナルやトッテナムが獲得に関心を示しており、ピッチ外でのノースロンドンダービーが行われるのではないかと賑わせていた。

しかし、プレミアリーグでも屈指のプレーメーカーであるフレイザーはエヴァートン移籍が濃厚になっているようだ。

ボーンマスのチームメイトに対し、シーズン終了後はエヴァートンに行くことを伝えておりエヴァートンの監督を務めるカルロ・アンチェロッティが自ら連れてくると言われている。

フリーでプレミアの経験が豊富な選手を逃がしたことはアーセナルやトッテナムからすると痛いが、エヴァートンは非常に大きな戦力を手にすることになる。

この移籍が来シーズンのチームの運命を大きく変えることになるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました