<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ ベジェリンを£35mで現金化か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ベジェリンを£35mで現金化か

 

スポンサーリンク

アーセナルはエクトル・ベジェリンを£35mで売却するプランを持っている(The Independence)

 

アーセナルに所属するエクトル・ベジェリンは今シーズンの25試合を合わせこれまで200試合以上に出場している。

しかし、そんなベジェリンをクラブは売却対象としており市場で使える資金を増やすためのプランとしている。

ベジェリンにはパリ・サンジェルマンが獲得に強い興味を示しており、£35mのオファーで売却を許可すると言われている。

パリ・サンジェルマンはトマス・ムニエがフリーで退団し、右サイドバックに即戦力を求めている状況だ。

リヨンがアーセナルFWアレクサンドル・ラカゼットをローンの獲得を画策していた(The Mirror)

Lyon chief confirms contact with Lacazette

3年前、リヨンから£42.5mという大金でリヨンからアーセナルへ移籍したアレクサンドル・ラカゼット。

リヨンのスポールディレクターを務めるジュニーニョ・ペルナンブカーノは彼を一時的にチームに戻すことを考えていたようだ。

1月にラカゼットと話し合いの場を開き、夏までのローンという契約でリヨンへ戻ってくるか否かを聞いていたようだが、結局彼はチームに残りFAカップのトロフィーを掲げている。

アーセナルが売却対象としているとも言われているラカゼットは今夏の移籍市場でアトレティコマドリートーマス・パーティ獲得のためのトレード要因として使われるのではないかという噂もある。

このまま古巣であるリヨンが獲得に手を伸ばすことはないのだろうか。

ブレントフォードに所属するダビド・ラジャがアーセナルへ移籍か(The Athletics)

David Raya wants Arsenal move?

ブレントフォードに所属するスペイン人ゴールキーパー、ダビド・ラジャは今シーズン46試合に出場し16のクリーンシートを記録している。

残念ながらチームはフラムとのプレーオフを落としているが、ラジャの評価は依然として高いままだ。

そんな彼の獲得を狙うのがアーセナルだ。

アーセナルは第2ゴールキーパーであるエミリアーノ・マルティネスに移籍の噂があり、本人もより多くの試合に出場するために移籍を選ぶ可能性が高くなっている。

ラジャはブレントフォードとの契約を残り3年残している。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました