<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ ペペの分割払いのために6選手の売却を検討か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ペペの分割払いのために6選手の売却を検討か

 

スポンサーリンク

アーセナルはニコラ・ペペの分割払いのために6名の選手の売却を検討か(Bleavher Report)

昨夏、多くのビッグクラブとの争奪戦に勝利しニコラ・ペペを獲得したアーセナル。

この時かかった移籍金は£72mと言われており、高額すぎるあまり他のクラブが手を出せなかったのだ。

その中でアーセナルは見事に分割払いでの獲得に成功した。

しかし、今年の支払いに暗雲が立ち込めているようだ。

コロナウィルスの影響で財政状況が悪く、複数人の選手を売却しなければ支払いができない状況になっている。

ピエール・エメリク・オーバメヤンに移籍の噂が立っているが彼以外の売却もなければ移籍市場において大きな問題が発生しそうなのだ。

ニコラ・ペペは今シーズンアーセナルで6ゴール8アシストを記録している。

 

アーセナルはバイエルンのアンジェロ・スティナー獲得に興味か(Bild)

Arsenal want Bayern's Angelo Stiller?

今シーズン、バイエルンの下部組織で8試合に出場しているアンジェロ・スティナー。

守備的ミッドフィルダーである彼はバイエルンの若手の中でも注目されているがその契約は残り1年となっている。

そこに目をつけたのがアーセナルだ。

コロナウィルスの影響で財政状況が悪く、一部では補強方針を大幅に変えるとの報道もある。

そこで今夏の移籍市場でスティラー獲得を安価で狙っているのだ。

バイエルンはスティラーの意思を優先すると思われるが、移籍するとなれば買い戻しオプションが必須となるようだ。

 

アーセナルのラカゼットはアトレティコマドリー行きの噂を否定(Scott Agency)

Lacazette rules out Atletico Madrid move

アーセナルの28歳のストライカー、アレクサンドル・ラカゼットには次の移籍市場での退団が噂されている。

その中でも有力とされているのがアトレティコマドリーであり、アーセナルが欲しているとされるトーマス・パーティのオペレーションに一部組み込まれると見られている。

しかし、ラカゼットの代理人はこのうわさを否定しておりアトレティコマドリー行きは嘘であると断言している。

今シーズンはここまで9得点を記録しているラカゼット、チームが大幅に変化しているアーセナルから出て行く時が来たのか、それともただの噂にすぎないのだろうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました