<前編/2022年最新>2021シーズンのチャンピオンズリーグ出場チームの特徴は?
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ マルセイユはウィリアム・サリバを完全移籍で獲得か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ マルセイユはウィリアム・サリバを完全移籍で獲得か

スポンサーリンク

マルセイユはアーセナルからローンで加入しているウィリアム・サリバの完全移籍を希望か(La Provence)

Marseille president wants William Saliba stay

アーセナルがサンテティエンヌから獲得し、将来を嘱望されている選手の1人であるウィリアム・サリバ。

サリバは次世代のセンターバックとして必要な要素を揃えており、今シーズンはマルセイユにローンで加入しており20試合以上に出場するなど一定の活躍を見せ始め、その才能を開花させている。

そんなサリバは来夏にアーセナルに戻る予定だが、マルセイユ側はサリバをこのまま留める計画を持っており、アーセナルと交渉を行うとみられている。

ローンの延長ではなく完全移籍での獲得を目指しており、2024年まで残しているアーセナルとの契約がどのようになるのかに注目が集まっている。

若手が躍動しはじめ結果も出ているアーセナルはサリバの将来をどのように描くことになるのだろうか。

アーセナルはナポリにファビアン・ルイス獲得について問い合わせを行う(Arenanapori)

Arsenal make Fabian Ruiz enquiry?

ナポリに所属するファビアン・ルイスはその創造性溢れるプレーでナポリの攻撃陣の中心を担っている存在である。

25歳と年齢も若いファビアンは契約が2023年までと短いことも相まって欧州トップクラブからの注目が絶えず、既にオファーも複数きているとも言われている。

そんな中、アーセナルが獲得に強い興味を示しておりナポリ側とのコンタクトを取りオファーについての話も行っている予想がされている。

ファビアンについてはレアルマドリーやパリ・サンジェルマンらも興味を示しており、多額の移籍金で獲得を迫る可能性も出てきている。

優秀な中盤を探すアーセナルは並行してユベントスのアルトゥールにも注視しており、今夏での動きには注目が集まるだろう。

アーセナルはクラブブルッヘのノア・ラング獲得に近づいている(De Standaad)

Arsenal to sign Club Brugge attacker Noa Lang this summer?

オランダの新星であるノア・ラング。

現在はアヤックスに所属しておりベルギーのクラブブルッヘにローンで加入している。

今シーズンは既に37試合に出場しており8ゴール12アシストを記録するなど存在感を徐々に高めており、多くのクラブからの注目を集めている。

そんなラングにはミランが近づいていると言われており、若手路線を貫いているクラブに合致する選手として認識されている。

しかし、アーセナルが横やりを既に入れておりポールポジションを取ったと言われている。

アーセナルは夏の移籍市場での獲得を目指しており市場が閉じるまでの間に取引をまとめる自信もあるようだ。

彼らは新たな若手有望株を引き入れ来シーズンに向けた準備を完成させることはできるのだろうか。

アーセナル
スポンサーリンク
シェアする
keny9footballをフォローする
スポンサーリンク
プレミアリーグの移籍やら噂やら

コメント

タイトルとURLをコピーしました