<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ ユベントスのアドリアン・ラビオ獲得を目指すか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ユベントスのアドリアン・ラビオ獲得を目指すか

 

スポンサーリンク

アーセナルはユベントス所属のアドリアン・ラビオ獲得に興味か(Calciomerto)

Arsenal interested in Juve midfielder Rabiot?

アーセナルはユベントスに所属するミッドフィルダー、アドリアン・ラビオ獲得に興味を持っているようだ。

ラビオは以前にアーセナルからの関心が伝えられ時に魅力的だと語っており、クラブと選手が相思相愛の可能性はある。

しかし、彼を獲得するには膨大なサラリーを負担しなければならないことを忘れてはならない。

パリ・サンジェルマンでプレーしており、その後フリーでユベントスに加入したためサラリーが高めに設定されているのだ。

この交渉に亀裂が入るとすればおそらく給料面となるだろう。

また、ラビオ獲得にはPSGで監督を務めたこともあるカルロ・アンチェロッティ率いるエバートンも興味を持っているようだ。

 

アーセナルのメスト・エジルの代理人が来夏での退団を否定(The I)

 

Ozil agent rules out summer Arsenal exit

 

ミケル・アルテタがやってきてから再びスタメンの座を取り戻した天才メスト・エジル。

来夏での退団が噂されており、多くのクラブが獲得に乗り出すとみられていたがエジルの代理人が契約を全うすることを宣言した。

 

”エジルが来夏に退団?それはないね。彼はまだ1年半契約を残しているんだ。それはアーセナルから出ていくまでの期日であり、彼は契約が切れるその日までここにいるよ。それまで彼の退団はノーチャンスだよ。”
クラブで最も高い給料を受け取っているエジルだが、残りの契約が切れるまでアーセナルに留まることを決めているようだ。

アーセナルは今シーズン£70mを失うか(Daily Star)

Arsenal transfer plans 'take £70m blow'

アーセナルの来夏の予算はかなり厳しいものとなりそうだ。

チャンピオンズリーグ出場権を目指して今シーズンを戦っているアーセナルだが、9位、10位をさまよっており現実は厳しいものとなっている。

チャンピオンズリーグ出場権を得ることができるヨーロッパリーグに出場していたものの、オリンピアコスにホームで負けたことで敗退してしまったのだ。

その影響でチケット代など本来得られるはずであった£30mもの収入を失った。

さらにこのまま来シーズンのチャンピオンズリーグはおろかヨーロッパリーグの出場権すらも逃してしまえば£40mを失うこととなり、合計で£70mもの巨額となる。

ミケル・アルテタにとっては厳しい状況であり、選手獲得にも大きな影響が出てくるだろう。

クラブは経済的に大きな負担となっているメスト・エジルの給料をカットすべく放出を考えていたが、代理人を通して残留することがほぼ決まったため簡単に解決できる問題ではなくなるようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました