<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ラウタロ獲得には£77mが必要か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ラウタロ獲得には£77mが必要か

スポンサーリンク

アーセナルはラウタロ・マルティネス獲得には100億円超の移籍金が必要になってくるか(TuttoSport)

Arsenal 'quoted £77m for Lautaro Martinez'

インテルに所属するラウタロ・マルティネスは年々その評価を高めているものの、クラブの財政状況を鑑みたところ売却の可能性も出てきた。

そんな人気銘柄となるであろうラウタロに対して熱視線を送っているのがイングランドのアーセナルだ。

彼らは今夏の移籍市場にてラウタロの獲得を狙っているが、インテル側は100億超の移籍金を求めているとされている。

アーセナルは金額のみでは支払うことが困難なため、アレクサンドル・ラカゼットを取引の一部に加えようとしているが、同時にアトレティコマドリーもラウタロとコンタクトを取っていると言われている。

ラウタロは昨シーズン38試合に出場し17ゴール10アシストを記録している。

アーセナルはリヨンに所属するブルーノ・ギマランイス獲得に再度チャレンジか(Goal)

Arsenal 'preparing to reignite Bruno Guimaraes interest'

アーセナルは昨シーズン夏の移籍市場にて、当時アトレチコパラナエンセに所属していたブルーノ・ギマランイスの獲得に迫っていた。

しかし、結局ギマランイスはリヨンへ4年半の契約で移籍することとなり、フランスリーグでも早速活躍を見せている。

アーセナルは昨シーズンに取り逃がしたギマランイスに対し今夏も再度獲得にチャレンジすると言われており、3年の契約を残すリヨンとの話し合いに進む可能性が出てきている。

今夏のアーセナルの動きとしてはベン・ホワイトをはじめとした補強が進んでおり、中盤の強化を行うためにリヨンの若手を狙う流れとなっている。

着々と補強を進めるアーセナルはブラジルの期待の若手獲得となるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました