<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ ラキティッチ獲得レースに参加

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ラキティッチ獲得レースに参加

スポンサーリンク

アーセナルはイヴァン・ラキティッチ獲得レースに参加か(Le 10 Sport)

Arsenal 'enter race for Barcelona's Ivan Rakitic'

2020年のシーズンの終了後、契約満了となりクラブを退団することになるバルセロナイヴァン・ラキティッチ。

32歳となるラキティッチは今夏にも古巣であるセビージャへの復帰などクラブを離れることを示唆されている。

そんなラキティッチを狙うのはセビージャだけでなく、争奪戦にアーセナルも参加するようなのだ。

ミケル・アルテタは優れたベテランゲームメイカーを欲しがっており、既に電話もしているとも言われている。

しかし、ラキティッチの望みはあくまでスペインに残ることであり新たなチャレンジをするにもプレミアリーグよりもセリエAのほうが好みなのだ。

獲得が非常に難しいがどのようなアプローチを考えるのだろうか。

 

アーセナルはリバプールやマンチェスターシティも狙うディエゴ・カルロス獲得レースに新たに参加(The Telegraph)

Arsenal join Liverpool, Man City in Diego Carlos race?

アーセナルは近年弱点とされている守備の改善に乗り出そうとしている。

優れたセンターバックを欲しており、今夏ラリーガで凄まじい活躍をしていたセビージャディエゴ・カルロスは彼らにとって理想的な選手ともいえるだろう。

しかし、リバプールマンチェスターシティも狙う実力派ディフェンダーには£68mの値段がついていると言われておりアーセナルでは手が出ない金額となっている。

アーセナルにとって良いニュースはセビージャ側がコロナウィルスの影響もあり、移籍金を£50mまで引き下げる可能性があるということだ。

彼らは今夏にマッテオ・ゲンドゥージメスト・エジルの売却を目論んでおり、それが成功すればカルロス獲得資金を作ることもできるだろう。

果たして、ミケル・アルテタが目指すサッカーに必要な人材の獲得はできるのだろうか。

 

アーセナルはスポルティングに所属するジョエウソン・フェルナンデス獲得へ正式にオファーを提示(A Bola)

Arsenal 'send officials to secure Joelson Fernandes deal'

ポルトガルリーグのスポルティングに所属する17歳の若きアタッカー、ジョエウソン・フェルナンデス。

フェルナンデスは既にファーストチームでトレーニングもしており将来を嘱望されているスター候補の1人だ。

そんな彼に近づいているのがアーセナルであり、既に£40mとも言われる移籍金を準備し正式にオファーを行うようだ。

バルセロナユベントスも狙うほどの逸材であるが、いち早く動いたアーセナルがポールポジションに立っている。

フェルナンデスは今シーズン、U-23の試合で28試合に出場し5ゴール2アシストを記録している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました