<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ ルカ・ヨビッチ獲得レースに参加か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ルカ・ヨビッチ獲得レースに参加か

 

スポンサーリンク

アーセナルはACミランとのルカ・ヨビッチ獲得レースでリードか(Sport)

Arsenal 'lead AC Milan in Luka Jovic race'

フランクフルトで印象的なプレーをみせ、若くしてレアルマドリーに加入したセルビア人ストライカーのルカ・ヨビッチ。

ブンデスリーガでは万能型のストライカーとして多くのクラブが狙うなど人気銘柄となっていたが、今シーズンはマドリーで24試合2得点と散々な結果に終わっている。

そんなヨビッチは早くも夏の移籍市場でマドリーを離れるのではないかという噂が出ており、特にミランとアーセナルが獲得に強い興味を示しているようだ。

また、この2チームによる競争は激化すると思われ今のところはアーセナルがリードしていると言われている。

ブンデスで評価を高めたフォワードは再び輝きを取り戻すことができるのだろうか。

 

アーセナルはオーバメヤンの後釜にモナコFWのウィサム・ベン・イェデル獲得を希望か(Football.london)

Arsenal eye Ben Yedder as Aubameyang replacement?

アーセナルはピエール・エメリク・オーバメヤンの退団に向け、準備を始めそうだ。

アーセナルが快速ストライカーの後釜に狙っているのはモナコで活躍するウィサム・ベン・イェデルだ。

ベン・イェデルは29歳となったものの今夏にはチェルシー、マンチェスターユナイテッド、レアルマドリー、バルセロナと言ったそうそうたる面子から噂されている紛れもない実力者だ。

今シーズンも決して調子が良いとは言えないモナコで31試合に出場し19ゴール9アシストを記録している。

その経験と実力はまさにオーバメヤンの後釜としてはぴったりであるが、激しくなるであろう獲得レースに勝利する必要がある。

2018年にはフランス代表にも召集されたストライカーを射止めるのはどのクラブになるのか。

 

パブロ・マリはアーセナルへの完全移籍を希望している(PA)

Pablo Mari wants permanent Arsenal move

冬にフラメンゴからアーセナルにローンで加入したものの、コロナウィルスの影響もあり2試合の出場にとどまっているパブロ・マリ

モダンなセンターバックとして期待されているマリだが、アーセナルは£8mで完全移籍として獲得できるオプションを持っている。

実力を完全に見ることができていないためアーセナルとして完全移籍をためらうのが普通だろう。

しかし、マリはあくまでも完全移籍を希望しているようだ。

”このクラブに来る前からアーセナルが大きなクラブであることは知っていた。小さいころ彼らはとんでもないチームだったね。ここに来て僕は成長できたと感じているよ。だから完全移籍でこれからもアーセナルのためにプレーしたいと思っているよ。”

コメント

タイトルとURLをコピーしました