<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ レンジャーズのカマラ獲得に興味か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ レンジャーズのカマラ獲得に興味か

スポンサーリンク

アーセナルはレンジャーズMF、グレン・カマラ獲得に興味か(Football Insider)

Arsenal want Rangers midfielder Glen Kamara?

レンジャーズに所属するMFグレン・カマラは元々アーセナルに所属していた選手だが、トップチームでの出場はカップ戦でも1試合のみとなっている。

その後、サウスエンドユナイテッドやコルチェスターユナイテッドなどにローンで移籍していたがレンジャーズに移籍後その才能を開花させた。

今ではレンジャーズにとって非常に重要な選手となっているが、古巣であるアーセナルが獲得を希望しているようだ。

しかし、レンジャーズ監督を務めるスティーヴン・ジェラードは契約延長を求めており、今夏での動きが注目されている。

カマラは今シーズンもレンジャーズで49試合に出場しており、2ゴール2アシストを記録している。

アーセナルとリバプールはヴォルフスブルクに所属するヨシップ・ブレカロ獲得を狙っている(Calciomercato)

Liverpool, Arsenal to battle for Josip Brekalo?

ヴォルフスブルクに所属する22歳のMFヨシップ・ブレカロは今シーズン20試合に出場し4ゴール3アシストを記録しており、チームのチャンピオンズリーグ出場権を大きくサポートしている。

そんなブレカロに対してはアーセナルが獲得に興味を示しており、今夏でのオファーが予想されている。

しかし、同じプレミアリーグからリバプールもブレカロに興味を持っていると言われており、中盤を強化するための重要人物として評価しているようだ。

残り2年の契約を残しているが、ブレカロ自身はチャンピオンズリーグでのプレーを望んでいるためこのままではアーセナルもリバプールも手を出すことはできないだろう。

ブレカロに対しては他にもミランローマ、アトレティコマドリーなどが興味を示している。

アーセナルはレアルベティスのギド・ロドリゲス獲得をまもなく完了させる(Estadio Deportivo)

Arsenal 'closing in on Guido Rodriguez deal'

アーセナルはレアルマドリーからローンで獲得しているダニ・セバージョスがこのままクラブに残らずスペインに戻ることがほぼ決定していることから新たなミッドフィルダーの獲得が必要となっている。

そこでミケル・アルテタ監督はセバージョスの後釜としてレアルベティスギド・ロドリゲスの獲得を以前より検討しており、まもなくその契約が完了すると言われチエル。

ベティス側はロドリゲスに対して£69mのリリース条項を設定していたものの、アーセナル側が提示した£43mという移籍金を受け入れると言われている。

ベティスがロドリゲスの獲得に費やした費用は£6mのため、十分に利益は出るのだ。

果たしてアーセナルは新たな中盤の獲得を早くも成功させるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました