<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ ローマのクライファートを追い続けている

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ ローマのクライファートを追い続けている

 

スポンサーリンク

アーセナルはローマのジャスティン・クライファートを未だに追い続けている(Correire dello Sport)

 

アーセナルは前線の補強のため、以前から狙いをつけていたローマジャスティン・クライファートを未だに追い続けている。

彼らは移籍金に使える資金が少なく、トレードでの移籍を試みているが成功する可能性が低いためクライファート獲得から離れていた。

しかし、今夏に再び獲得に挑戦するとの噂があり£27mという移籍金を支払えるか否かが勝負になるだろう。

2018年にローマに加入したクライファートはここまで64試合に出場しており9ゴールを記録している。

また、ローマとの契約は残り3年残している。

 

バルセロナはアーセナルとニューキャッスルユナイテッドにコウチーニョを逆オファーか(Goal)

Barcelona 'offer Coutinho to Arsenal, Newcastle'

 

バルセロナでの居場所を確保することに失敗し、バイエルンへローンで加入しているフィリッペ・コウチーニョ。

しかし、バイエルンもコウチーニョのあまりの移籍金とサラリーの高さから完全移籍で獲得するオプションを行使しないことに決めたのだ。

バルセロナに戻っても出場時間を確保できないとみられているコウチーニョは、インテルのラウタロ・マルティネス獲得を目指すクラブが逆オファーを行っているのだ。

アーセナルとニューキャッスルユナイテッドはそのターゲットであり、かつて活躍していたプレミアリーグにコウチーニョを売り込んでいる。

また、アーセナルは獲得に興味を持っているものの完全移籍では資金を出すことができないためローンでの獲得を検討しているようだ。

果たしてコウチーニョは再びイングランドに戻ってくるのだろうか。

 

アーセナルはアトレティコマドリーのトーマス・パーティ獲得を断念か(Ghana soccermet)

Arsenal to miss out on Thomas Partey?

アーセナルが狙い続けていたアトレティコマドリートーマス・パーティ。

£43mのリリース条項が障壁となっていると言われており、今夏で獲得ができるのか微妙なところであったがついに彼らはパーティ獲得を断念したようだ。

それはパーティ自身がアトレティコマドリーと新たな契約についてサインを行うとの噂があるからである。

クラブはパーティに対して現在の2倍のサラリー、そして現在と変わらぬリリース条項を維持するとの条件で移籍を食い止めようとしている。

クラブが認めない限りは移籍はないという意思の表れでもあるが、アーセナルは別のターゲットを当たらなければならなくなってしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました