<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ 今夏の移籍市場で5名の獲得を目指す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ 今夏の移籍市場で5名の獲得を目指す

スポンサーリンク

アーセナルは今夏の移籍市場で5名の獲得を目指す(The Athlethics)

Arsenal 'planning five summer signings'

2020シーズン、サポーターの期待を裏切るような形で欧州大会への切符を失ったアーセナル。

来シーズンこそはかつての栄光を取り戻すべく動き始めているアーセナルだが、今夏の移籍市場で新たな戦力を迎え入れる準備をしている。

彼らは最低でも5名の選手の獲得を目指しており、その筆頭に挙がっているのがブライトンに所属するベン・ホワイトだ。

ユーロ2020にてイングランド代表として戦っており、そのポテンシャルは多くのクラブが認めている逸材だ。

また、ホワイトに加えゴールキーパーや両サイドバックの補強も進める予定であり、彼らがどのような動きを見せるのかに注目が集まる夏となりそうだ。

アーセナルはトリノのエース、アンドレア・ベロッティへの噂が再燃か(TuttoSport)

Arsenal revive interest in Andrea Belotti?

2015年よりトリノにおけるキープレーヤーとして活躍しているアンドレア・ベロッティ。

トリノでは227試合に出場し105ゴールを記録するタフさと得点力を持っているが、残り契約が1年となっていることから今夏での売却が予想されている。

そんなベロッティに対して興味を持っているのがアーセナルであり、前線強化のためのターゲットになると言われている。

その他にもミランナポリ、フィオレンティーナなどイタリア国内からのオファーがあるとされており、争奪戦は必至となるだろう。

トリノ側は£30mの移籍金で売却を容認する構えであり、この金額を出したクラブがベロッティを確保することになる。

イタリア国内のライバルが多い中、アーセナルは新戦力としてベロッティ獲得を果たすことはできるのだろうか。

アーセナルはリールのレナト・サンチェスの獲得に動くか(90Min)

Arsenal 'considering move for Renato Sanches'

若くしてバイエルンに引き抜かれたかつての神童、レナト・サンチェス

2017年にはスウォンジーシティにもローンで加入していたサンチェスだが、そのポテンシャルをなかなか発揮することができずに苦しんでいた。

現在23歳となっており、リールに所属しているが段々とフォームを取り戻しており、ユーロ2020ではポルトガル代表として素晴らしいパフォーマンスを見せていた。

既に欧州トップレベルでもプレーできる段階まできているとされており、リバプールが早くも獲得に手を伸ばしていると言われている。

しかし、アーセナルがその獲得に待ったをかけているようだ。

リール側に既にコンタクトを取っており、話し合いの場を設けるため交渉を続けているが実現するか否かは未だ定かではない。

しかし、サンチェス自身はかつて挑戦が失敗に終わったプレミアリーグへの復帰に対してオープンであり、適切なオファー次第では獲得が可能となる。

23歳となった神童獲得に対してアーセナルはどこまで動くつもりなのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました