<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ 念願のトーマスは£110mをかけて獲得か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルの移籍、噂まとめ 念願のトーマスは£110mをかけて獲得か

 

スポンサーリンク

アーセナルは合計で£110mもの金額でトーマス・パーティを獲得か(The Mirror)

 

アーセナルはついにメインターゲットと言われていたアトレティコマドリートーマス・パーティの獲得に成功した。

£45mのリリース条項を支払うことでクラブと合意したのだ。

アーセナルはパーティに対し週給£26万という大金を支払うことになっており、移籍金と合わせると£110mものコストをパーティにかけることになるのだ。

脆弱な中盤に大きな力を欲していたアーセナルはパーティの獲得で大きく変化することが予想される。

£110mというコストが安いと思わせられるのか否か、それは今後の彼の活躍次第で変わっていくだろう。

ウィリアム・サリバはチャンピオンシップへローンの可能性がある?(PA)

Arsenal defender William Saliba to join Championship club on loan?

アーセナルがフランスのサンテティエンヌから獲得した若きディフェンダー、ウィリアム・サリバ。

サリバは昨シーズンに獲得しており、1年はサンテティエンヌでローンという形で残っていた。

今シーズンようやく合流したサリバであるが、クラブは早くもローンでチャンピオンシップへ放出することを考えている。

早くもクラブでデビューを飾ると思われていたが、アーセナルが今夏獲得したガブリエウ・マガリャンイスが予想以上にフィットしており、サリバの出番が限られてしまう可能性があるのだ。

しかし、1年のローンを経て加入をしたにもかかわらず再びローンとなるとサリバの失望を誘ってしまうだろう。

それでも放出の可能性は残されており、国内クラブで少しでも慣れさせる必要があると判断されてしまった場合彼は再度クラブを離れることになるだろう。

アーセナルはヘルタのオマール・レキク獲得で合意か(Daily Mail)

Arsenal 'agree deal for Hertha Berlin defender Omar Rekik'

アーセナルはまた新たな若き宝を手中にしたようだ。

ヘルタ・ベルリンに所属する18歳のセンターバック、オマール・レキク獲得に成功し、今夏にも加入すると言われている。

£90万ほどの値段になると言われており、かつてアカデミー時代をマンチェスターシティで過ごしたこともあるため、気候や言語面などプレミアリーグはそれほど彼にとって難しい場所ではないだろう。

既にメディカルの段階まできているため何も問題がなければまもなく発表されるだろう。

また、最初はU-23チームに加入する予定であるそこでどれほどインパクトを残せるかで今後が大きく変わってくるだろう。

アーセナルは既にトーマス・パーティの獲得に成功しており限られた資金の中で最大限の獲得劇を見せている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました