<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルはアスレティック・ビルバオに所属する屈強なディフェンダーを欲している 他2つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルはアスレティック・ビルバオに所属する屈強なディフェンダーを欲している 他2つ

スポンサーリンク

アーセナルはアスレティック・ビルバオに所属するDFダニエル・ビビアンを欲している(Fichajes)

Arsenal want Athletic Bilbao defender Dani Vivian?

アーセナルは今シーズン、調子がなかなか上がらない状態が続いているが、攻撃面はもちろんだが7試合で10失点を喫するなど守備面の改善が必要と言われている。

そんな中、ベン・ホワイトや日本の冨安健洋などを獲得し強化を行っているが新たにアスレティック・ビルバオに所属するDFダニエル・ビビアンの獲得に興味を持っているようだ。

今シーズンのビビアンはビルバオで主力として活躍しており、クラブもわずか1敗、失点の少なさではリーグで3位と好スタートを切っている。

そんなビビアンだが、アーセナル以外にもウルブズウェストハムユナイテッドも獲得に興味を持っていると言われており争奪戦になることが予想される。

リリース条項として51億円の移籍金が付いているが、スペインに現れた新たな若手実力者の獲得を行うのは一体どのクラブになるのだろうか。

アーセナルはウィリアム・サリバを来シーズンの主力に添えることをプランしている(Fabrizio Romano)

Arsenal 'have first-team plans for William Saliba next season'

サンテティエンヌから獲得し、期待の若手としてアーセナルの主力になると思われていたウィリアム・サリバはここ数シーズン、レンタル扱いとなっており現在はフランスのマルセイユでプレーをしている。

そんなサリバのパフォーマンスは非常に高く、アーセナルファンの多くが守備の改善を図るための重要人物として期待を寄せている。

アーセナル側も既にサリバを主力に据えることを考えており、来シーズン以降はトップチームで起用される見込みとなっている。

20歳のサリバは着実に成長しており、今後彼の活躍とアーセナルの復活には多くの注目が集まるだろう。

アーセナルはアレクサンドル・ラカゼットの代役としてドミニク・カルバート・ルーウィンとオリー・ワトキンスに興味か(The Sun)

Arsenal want Calvert-Lewin, Watkins to replace Lacazette?

ピエール・エメリク・オーバメヤンのバックアップとしてアーセナルに所属をしているアレクサンドル・ラカゼットはその契約を今シーズン限りとしており、2022年の夏に退団することがほぼ決定となっている。

そんな中、アーセナルは代役のストライカー探しに走っており、これまでいくつか候補となる選手がでてきたものの、国内から新たな候補となる2名がいるようだ。

その2名とはエヴァートンドミニク・カルバート・ルーウィンアストンヴィラオリー・ワトキンスである。

カルバート・ルーウィンは昨シーズンのプレミアリーグで16ゴールを記録するなどの実績を持ち、ワトキンスは14ゴールを記録している。

どちらも確実な実力を持つ選手なだけに、アーセナルにとっては貴重な戦力となり得る2人である。

彼らは復活のシーズンを迎えるために夏の移籍市場に続く積極補強を見せるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました