<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルはアレクサンデル・イサク獲得に92億円を準備か 他2つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルはアレクサンデル・イサク獲得に92億円を準備か 他2つ

スポンサーリンク

アーセナルはアレクサンデル・イサクの獲得へ92億円を準備か(AS)

Arsenal told to pay £60m for Alexander Isak?

レアルソシエダで素晴らしい活躍を見せており、ユーロ2020ではスウェーデン代表として出場し多くの注目を集めた22歳のアレクサンデル・イサク

元々ズラタン・イブラヒモビッチ2世と呼ばれ、神童としてサッカー界に現れたイサクであったが、メガクラブへの挑戦は未だしていない状況となっている。

レアルソシエダとは2026年まで契約を残す状況だが、アーセナルがイサクの獲得を狙っているといくつかのメディアが報じている。

また、彼らはイサク獲得へ本腰を入れるべく、90億円超の移籍金を準備しているとも言われている。

世代交代を目指す前線に大型フォワードを入れることができれば今後のチーム作りにも大きな影響があるはずだ。

イサクは昨シーズン、34試合に出場し17ゴールを記録している。

ブレントフォードのダビド・ラヤはアーセナル移籍の噂を否定か(Cadena SER)

Brentford's David Raya aiming for 'big club' move amid Arsenal links

今シーズン、昇格組ながらアーセナルやウェストハムユナイテッドを下しているブレントフォード

そんな躍進を続けるチームの守護神として君臨しているのが、ダビド・ラヤだ。

ラヤは既に今シーズン3つのクリーンシートを記録しており多くのクラブの注目を集めつつある存在だが、さっそくアーセナルに獲得の噂がでているようだ。

しかし、これに対してラヤは早期の移籍の噂を否定している。

ダビド・ラヤ ”このクラブで幸せだ。今シーズンはブレントフォードに集中したいと考えている。夏のことまではわからないが、何が起こるか見てみよう。僕には野心があるし、ビッグクラブでのプレーは誰もが夢見ることだ。”
ベルント・レノが夏にも退団すると言われているアーセナルは若く有望な選手が必要なだけだ。
果たしてラヤの将来はどのように決定するのだろうか。

アーセナルは2022年にもナポリのファビアン・ルイス獲得を狙う可能性がある(Football.london)

Arsenal 'could move for Napoli's Fabian Ruiz in 2022'

バルセロナレアルマドリーが狙い続けていると言われているナポリファビアン・ルイス。

ファビアンはこれまでナポリで137試合に出場し、攻撃の中心として活躍を続けている。

そんなファビアンに対しアーセナルが近づいているとの噂がある。

彼らは2022年の移籍市場でファビアンとの接近を試みるつもりであり、ピッチ上で違いを作ることのできるファビアンを加えより一層攻撃陣を強化する考えを持っている。

ファビアンの現行契約は2023年までであり、契約延長するか否かはまだ噂が出ていないが、来夏であれば獲得のチャンスは十分にあるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました